好きな彼にLINEをしても、返事があるときとないときがある。

場合によっては、「もしかしたら嫌われているのかな?」と不安になることもあるでしょう。

ただ、男性がLINEを返したり返さなかったりする理由には、さまざまな意見があるようです。

今回は、男性が「このLINEは返さなきゃ」と思う瞬間を紹介します。

違いはあるの?男性が「このLINEは返さなきゃ」と思う瞬間

なんとなくLINEを見てるとき

「仕事終わって家に帰って、なんとなくLINEを見るときに返しますね。

未読のメッセージを見つけると、『あっ!まずい!』って思うから慌てて返信する」(28歳・男性)

男性は、女子のように「仕事の合間にサクッと返信」が苦手な人もいます。

LNEが返ってこないことに悩むときは、送る時間帯を変えるだけでスムーズに返信が来るかもしれません。

仕事をしている日中や夕方など、相手が慌ただしいときに送るのはなるべく避けましょう。

前回のLINEをスルーしたとき

「LINEは面倒なので、自分の既読状態で終わることがほとんどです。

ただ、女子が何日かして控えめなLINEを送ってくれると、「今回は返さないと」と思って返信しますね」(23歳・男性)

男性からの既読スルーに「冷たい……」と心が折れそうになる女子も多いはず。

ただ、LINEで会話を楽しむという考えがない男性もたくさんいます。

「この辺でいいかな」と思い、返信をしないこともあるようです。

返信がないときは、「しつこいな」と思われないように気をつけて、後日LINEを送ってみましょう。

返信しやすい内容だったとき

返信しやすい内容だったとき

「正直、返しやすい内容だったらいつでも返せますよ。

ただ、女子のLINEは何を伝えたいのかわからない内容も多いんです。

『〇〇に行きたい』みたいに、はっきりしてくれたらなあ……」(30歳・男性)

既読スルーを悲しむ女子が多いことは、男性もわかっています。

ただ、既読スルーをされてしまう場合、女子側のLINEの内容が伝わっていないこともあるんです。

そっけなく感じるほどシンプルな文面で送ったLINEには、即レスに近い形で返事が来ることもありますよ。

自分に気があるのか気になったとき

「自分に気があるのかな……という感じの女子が相手のLINEでも、忙しかったり心に余裕がなかったりすると、既読だけつけてスルーしがちです。

だから、『もう冷められちゃったかな』と思う瞬間にLINEが来ると、嬉しくなって返信します」(25歳・男性)

自分から追い掛け回すほどではないけど、自分に気がある女子がそっけなくなると落ち着かない……。

そんな風に、ご機嫌取り的に返信する男性もいます。

あまり返信がない人でも、実は相手はあなたのことを好きでいるかもしれませんよ。

スルーに深い意味はない

男性の意見のなかで、「LINEしたくないから」というニュアンスの回答はありませんでした。

LINEのタイミングによっては返信が遅れたり、スルーしたりするのは普通だという男性もいます。

思いつめずに気楽なLINEを楽しみましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)