こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

こんなお悩みを頂きました。

「ギャルな見た目じゃないし、ふしだらなつもりはないのに、なぜか交際前に身体の関係を要求されることが多いんです。もう『軽い女』扱いなんてされたくありません!」

軽い女性や遊びの女性のように扱われてしまうのは苦しいものです。

では、どういった行動を心がければ軽い女性に見られなくなるのでしょうか。

今回は、男性に「本命」扱いしてもらえる方法をご紹介します。

軽いと思われたくない!男性に「本命」扱いしてもらえる方法

終電前に帰る

好きな彼と会っていると、楽しくてつい時間を忘れてしまうもの。

二次会や三次会とノリノリで参加してしまうと、「いつも夜遊びしているのだろうな」と思われてしまうかもしれません。

2人で会っているときに終電を逃してしまうのと、「お泊まりかな。誘っているのかな?」と彼に期待を抱かせやすくなってしまいます。

終電で帰る習慣を身につけましょう。

酔いすぎない

つい飲み過ぎてしまって、ふらふらと足元がおぼつかなくなってしまう酔い方は、「持ち帰りできるかも」という男性の下心を刺激してしまいます。

また、「今までもいろいろな男性に手を出されてきたのだろうなぁ」と、「持ち帰りされやすい女性」の印象がついてしまいます。

お酒はほどほどに控え、酔いすぎないように行動しましょう。

自分がどのくらいで酔ってしまうのか、限界を知っておくことが大切ですよ。

下ネタを話しすぎない

下ネタを話しすぎない

遊び目的の男性は、下ネタを振ることで「身体の関係が持てる女性なのか」確かめているのだとか。

下ネタにノリすぎてしまったり、性的な質問に素直に答えすぎてしまう言動は「遊び慣れて経験豊富」なイメージを与えやすくなります。

下ネタは笑顔で曖昧に聞き流すくらいが程よいです。

ボディタッチしすぎない

ボディタッチがクセになっている女性はとくに気をつけましょう。

男性からしてみれば、「気があるのかな」とその気になってしまうからです。

また、男性から積極的に手を繋いできたり、腰や肩に手を回してくるなどのボディタッチをしてきた場合は、毅然とした態度であしらいましょう。

たとえば、さりげなく体を移動させる、彼の手をはずす、「そういうのはやめてください」とキッパリ伝える……などです。

軽い女性じゃないことをアピールして

ドキッとした方はこれから気をつけてみてくださいね。

お付き合いしていない男性とは、ある程度距離を持って、節度ある接し方をするのが無難でしょう。

本命彼女として扱われるよう、お役立ていただけたら嬉しいです。

(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)