大好きな人とやっとの思いでお付き合いできるようになると、「アレもコレもしてあげたい」と、ついつい彼氏に尽くしてしまうものですよね。

食事から洗濯、家の掃除、彼の身の回りのお世話を何でもしているうちに、気が付けば「お母さん化」していることも珍しくないでしょう。

でもこの母性本能が原因で、男性から別れを切り出されたり浮気をされたりすることが多いというのはご存知でしょうか?

そこで今回は、男性に逃げられやすい女性の特徴をご紹介します。

尽くしすぎはNG!男性に逃げられやすい女性の特徴

だらしない男性が好み

母性本能が強い女性の場合、基本的にだらしなくてちょっと頼りないくらいの男性を好きになってしまう傾向があります。

精神的にどこか未熟で子どもっぽい男性を見ていると「放っておけない!」「私がなんとかしてあげなくちゃ……」と思ってしまうのです。

世話をとことん焼いてしまうので、彼をダメ男にする可能性も。

まずはこの点から見つめ直していく必要があると言えます。

じっかり自立して、自分のことは自分でできる男性を選びましょう。

依存しやすい体質

母性本能が強いことは一見すると、「頼もしい女性」や「自立している女性」のように思われがちですが、実際は男性に依存しやすい体質だったりします。

彼氏に尽くすタイプの女性は、「この人は私が居なくちゃだめだから」という言葉をよく使うでしょう。

これは裏を返せば、「自分の存在を必要としてほしい」「彼に必要とされたい」という気持ちの表れでもあるんです。

つまり、この依存から脱却しない限り男性をひたすら甘やかしてしまい、最終的に逃げられてしまう可能性が高いというわけですね。

男性からも「重い」と逃げられてしまうので注意しましょう。

自分に自信がない

男性に尽くしがちな女性は、本当は自分に自信がなく「つねに誰かに必要とされたい」と思っている傾向にあります。

自信がないから男性に依存をしてその隙間を埋めるのですね。

しかし、これでは悪循環なので、まずは自分に自信を持つことから始めてみましょう。

自信を持つことで、男性が追いかけたくなる女性になれますよ。

「お母さん」にならないように

彼氏のためにたくさん尽くすのはもちろん悪いことじゃありません。

ですが、ほどほどにしなければ彼氏もあなたの優しさに甘えて、彼女という枠から「お母さん」になってしまう可能性があるんですね。

上記にあてはまるようなところがあれば改善し、また、これまでとは違ったタイプの男性と交流を深めてみてはいかがでしょうか。

(まりまりあ/ライター)

(愛カツ編集部)