本当は彼氏のことを抑えつけたくないのに、縛りつけてしまうなんて経験はありませんか。

恋人のことを好きすぎるがゆえの行動なのだと思います。しかしいきすぎると、彼の負担も相当なものに。

できれば束縛せずに、お互いが信じ合える関係を築いていきたいものでしょう。

今回は「彼氏を束縛したくなっちゃう理由」を紹介します。

大好きだからこそ…。彼氏を束縛したくなっちゃう理由とは

彼氏の愛情が本当か分からなくなったから

付き合い始めた頃に比べて彼がそっけない気がする。私よりも趣味や友だちを優先してる。

こういうときって「ホントに私のこと、好きなの? 」って不安になりますよね。

彼の気持ちが自分から離れていってしまうんじゃないかと思った瞬間、ずっとそばにいてほしくなるのは、「逃げられると追いかけたくなる心理」として当然のことです。

彼の言葉や行動から自分への愛情を確かめたいと思えば思うほど、メールや電話で束縛したり会う頻度を増やしたくなったりしてしまいます。

ちょっと勇気がいるけれど、「私のこと好き? 」って聞いてみてしまってはどうでしょうか。自分も彼も、いまよりもっと楽になれるはずです。

彼氏が別の女性から言い寄られていたから

目の前でほかの女の子が彼にボディタッチしていたり上目遣いで会話したりしていると、「この子、もしかして彼のこと狙ってる……?」と疑心暗鬼になる人もいるでしょう。

もしも彼が私よりもこの子のことを選んだらどうしようと思うと、いてもたってもいられずに「もうあの子に近づかないで! 」と言いたくなってしまいます。

彼がちょっと携帯電話を触っていただけで、「それ誰から?」と勘ぐってしまう気持ちも分かりますが、彼女としての余裕を忘れてあれこれ詮索すると彼も疲れてしうはず。彼女というポジションに、もっと自信を持ってくださいね。

いろいろなものを信じられないから

自分に自信がないから

友だちとケンカしてしまったり仕事でミスを繰り返したり、小さな失敗が積み重なるとどんどん自信をなくしていきます。

「私なんて何やってもダメだ……」と卑屈になると、周りからかけられる温かい言葉すらも信用することができません。

彼からの愛情こもった言葉にも素直になれず、いつかこの人も私を捨ててしまうんじゃないかしらと負の思考スパイラルに陥り、束縛という行為で彼を繋ぎとめようと必死になってしまいます。

こういうときは、自分が自信をなくしている原因と彼氏は別、と割りきってみてはいかがでしょう。

彼だって、あなたに前を向いて笑っていてほしいはずなんですから。

自信を持てますように

彼のことを束縛したくなっちゃうシチュエーションに共通して言えることは、「自分に自信がない」という点です。

自分にもその傾向あるなあと思い当たったら、自分のどんなところが好きか彼に聞いて、それを磨く努力をしてみてはいかがでしょうか。

(愛カツ編集部)