他人の言葉はわかりづらいもの。

人生経験を積むごとに「ああ、これは社交辞令だな」となんとなくわかるようになってきます。

しかし、好きな相手から言われると、本心なのか社交辞令なのかわからなくなってしまいますよね。

そこで今回は、男性から言われて思わず勘違いした「社交辞令」を4つご紹介します。

じつは脈なし?思わず勘違いした「社交辞令」4選

1.「彼氏がうらやましい」

「この人、もしかしたら私のことが好きなのかな?」と勘違いしてしまいそうな台詞ですよね。

女性にはとりあえず褒めておく、という男性は多いです。

なのであなたの彼氏のことを「どんな人?」「どんな仕事をしているの?」と詳しく聞いてきたり、リサーチしているそぶりがなければ社交辞令でしょう。

2.「美人ですね」

これは、本気にする人も多いのでは。

しかし「そういっておけばすべて丸く収まる」と言う男性の意見もよく聞きますので、話半分で聞いておきましょう。

3.「若いですね。〇歳に見えないです」

3.「若いですね。〇歳に見えないです」

こう言われたら「そうなのかな?」とうれしくなってしまいます。

「毎日の努力が報われたのかしら」とも思ってしまいますよね。

まさか男性が「そうですね。〇歳に見えます」「年齢相応です」なんて言えません。

本当の年齢を聞いてしまったらそう答えておくのが無難なわけで、上手く世を渡っていくための技術です。

ちなみに「だいたい女性の年齢はわかるけど、いつも5歳少なく言ってあげてます」と語る男性がいました。

4.「今度飲みに行きましょう」

この台詞に何千人の女子が迷ったか……。

これは、すぐその場で予定を合わせない限り社交辞令です。

言われたらすぐ「いつにしますか?」と聞いてみて、適当に流されたら社交辞令でしょう。

社交辞令なら笑ってごまかすくらいのメンタルでいるのがいいかも。

ちなみに「前に『飲みに行こう』って言っていたよね。どうする?」と伝えたとしても、そんなことは男性は忘れている可能性が高いです。

「社交辞令」は大切

社交辞令とは人間関係をスムーズにするための知恵です。

社交辞令かどうかわからなくて確かめたい場合は、とにかく喜ぶ。

それから「本当に誘っていいんですか?」と軽くジャブを打ってみましょう。

ヘンに真剣に言ってしまうと社交辞令だったとき、恥ずかしいですから。

筆者も社交辞令のお誘いを真に受けて、「今度っていつだろう」とワクワクしたこともありました。

でも待てど暮らせどそんな話はもう出ない……。

社交辞令だったとやっと気づきました。

「人間関係を円滑にしようと思っていたんだな、あの人は」と思うと、いまさらながらなかなか感慨深いものがあります(笑)

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)