5月11日に、ローソンのウチカフェスペシャリテシリーズから「和溶(なごど)け抹茶テリーヌ」が登場しました。

一番茶の宇治抹茶が使用され、すっきりとした風味のテリーヌに仕上がっています。

聞き慣れないですがローソンらしい、なんとなくイメージのわく造語の「和溶(なごど)け」。

口のなかで抹茶がとろけて癒やされる和スイーツをご紹介します!

【商品情報】

商品名:「和溶け抹茶テリーヌ」
発売日:2021年5月11日
価格:税込270円
カロリー:257kcal

とろける抹茶がまさに萌え断!スペシャリテの新作を実食

抹茶スイーツはパッケージに注目!

抹茶スイーツを楽しむうえで最も重要なポイントは、「抹茶の風味が活きているか」ということ。

その見分け方はとても簡単です!

抹茶スイーツが、販売時のパッケージから見えていないかを確認しましょう。

抹茶は光に弱い性質があります。

光に当たると風味も落ちてしまうのだとか。

こちらの「和溶け抹茶テリーヌ」は、しっかりと遮光されたパッケージに入っていました。

さすが、話題作ばかりを生み出しているローソンの、スイーツに対するこだわりを感じますね!

ツヤツヤとした見た目が美しすぎる…

ツヤツヤとした見た目が美しすぎる…

パッケージから取り出すと、ツヤツヤとした光沢の美しい抹茶テリーヌが登場。

深緑色の鮮やかなテリーヌから、「たっぷり抹茶を使用しています!」と強い主張が伝わってきそうです。

ぷつぷつと見える気泡さえもおいしそう……。

少し小さい印象を受けますが、食感や味でどのようにカバーしているのか、楽しみです。

「萌え断」ってこのスイーツのための言葉

「萌え断」ってこのスイーツのための言葉

抹茶テリーヌにナイフを入れて切ってみると、ねっとりとした感触が伝わってきました。

そして、その断面を見て思わずため息も……。

切ってみないとわからない、この中身が詰まっている様子。

最近、見た目が美しかったり、さらに食欲がそそられたりする食べ物の断面を「萌え断」と表現する人が増えています。

抹茶テリーヌの断面こそ、まさしく萌え断ではないでしょうか。

洋菓子なの?和菓子なの?食べてみると…

ひと口食べると、濃厚な抹茶の香りが一気に口のなかに広がりました。

深いコクもあり、抹茶本来の風味がしっかりスイーツにも活きています。

なめらかな食感は口のなかでとろけ、もはや噛まずに飲み込める!

この食感は、丁寧に「湯煎焼き」を行うことで出せる食感なのだそう。

抹茶は苦すぎず、ホワイトチョコの優しい甘みも感じられるので「和菓子っぽいけど、やっぱり洋菓子……?」とイイとこ取りなスイーツです。

ギュッと詰まった食感に大満足

食べはじめる前は「少ないかも……」と感じていた筆者ですが、食べ終わるころにはちょうどいい満足感がありました。

ギュッと詰まった抹茶テリーヌは、意外とお腹に溜まります。

ローソンのウチカフェスペシャリテシリーズは、サイズが小さい分、素材にこだわりがあるスイーツばかりです。

高いと感じる方もいるかもしれませんが、今回の「和溶け抹茶テリーヌ」は、小さくても味や量に満足できるスイーツでした。

上品な抹茶味のスイーツを楽しみたい人は、ぜひローソンで購入してみてくださいね。

(はるの/ライター)

(愛カツ編集部)

※地域によっては価格が異なる場合がございます。

※一部の地域および一部の店舗では取扱いのない商品がございます。

※掲載日時点の情報となります、商品によっては予告なく販売終了になる場合があります。