好きだからずっと一緒にいたい!

2人でいると楽しくて時間を忘れてしまう!

付き合いたては相手と離れがたくなって、毎日のようにデートを重ねることが多いのではないでしょうか?

もちろん、毎日顔を合わせて愛を確認し合うのも良いですが、あえて一緒にいない時間を作ると長続きできるコツがあるんです。

そこで今回は、「適切な距離」を取る理由をご紹介します。

一緒にいないほうが長続きする?「適切な距離」を取る理由

お互いの時間が増えるから

付き合いたてから毎日のように長い時間一緒に居続けてしまうと、新鮮味が薄れてすぐに相手に飽きてしまいやすいでしょう。

同じようなデートで同じようなプランだったら、なんのおもしろみもなくなってしまいますし刺激がありません。

しかし、会えない時間があれば、つぎに相手に会うときは一緒にどこに行こうか、どんなことをすれば楽しんでくれるか……と相手のことを時間になります。

楽しいことを考えている時間はあっという間に過ぎますよね。

せっかくお付き合いしているのですから、たくさん楽しいことを2人で体験したいですよね!

疲れてしまうから

つねに一緒にいてしまうと、気づかないうちに疲れて、ケンカに発展するなんてことにもなりかねません。

また、一緒にいすぎてしまうと相手のマイナスな面が一気に見えて、相手への気持ちが急速に冷めてしまう場合もあるでしょう。

そこで、自分の時間を持つと、会ったときの喜びが増したり会わない時間に相手のことを「想ったり」できます。

また、相手を少しずつ知っていくことで、相手を想う気持ちも育む事ができるのではないでしょうか?

いつまでもラブラブでいたいと思うならば、会うことを我慢するのも大切かもしれません。

恋愛以外も疎かにしないため

恋愛以外も疎かにしないため

恋愛をすると、相手に夢中になりそのほかのことを疎かにしてしまう場合があります。

会う頻度を減らすことで相手に会うことを我慢するのではなく、お互いが思い思いの「したいこと」をして過ごす時間を作るのです。

そうすると、つぎに相手と会うときにスッキリとした気持ちで会うことができます。

たとえば、友人とランチに行ったり1日趣味に没頭してみたり……

時間の使い方はそれぞれですが、自分のライフスタイルや考え方を曲げてまで相手と一緒にいる関係は長続きしません。

したいことを後回しにして後悔してしまったとき、相手を責めてしまう場合もあるかもしれませんよね。

そんな事態を避けるためにも、お互いがある程度の距離を維持していくことが成功するカギと言えるでしょう。

自分の時間を大切に

人は恋をすると、相手しか見えなくなって失敗することがあります。

しかし、お互いの時間を尊重し合うと、相手のことをより大切にしようと思えるはずです。

まずは一緒にいない時間をあえて作り、試してみると良いかもしれませんね。

そうすれば、離れる時間の大切さに気づくかもしれません。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)