合コンや職場の飲み会などではじまる男性の自慢話や武勇伝。

ただ聞かされている方からすると、苦痛でたまらないですよね。

かといって楽しそうに喋っている男性を無視するわけにはいかないし……。

どう対応すれば良いのか困ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、男性の「自慢話」をかわすテクニックをご紹介します。

面倒くさい…男性の「自慢話」をかわす3つのテクニック

1.あえて関係ない話をする

「長ったらしい自慢がはじまったら、『この前なにも触っていないのに、急にテレビがついたの!』と、あえて全然関係ない話をしています」(25歳/ネイリスト)

「脈絡のない話をすると嫌われると思いきや、意外と『天然っぽくてかわいい』と喜ばれたりしますね」(27歳/看護師)

わざと天然ぶって、全く違うインパクトのある話をぶち込んでみるのもアリ。

自慢ばかりをしていた男性も、きっとあなたの話に興味がわいてくるはずです。

会話の主導権を握ることができれば、彼の自慢話も回避できるのではないでしょうか。

2.適当に相槌をうつ

「合コンでめんどくさい自慢が来たら、あからさまに適当な相槌を入れますね。そうすると向こうも気を使ってくれる場合が多いです」(28歳/一般事務)

直接「自慢話つまらないです」とは言えないもの。

そのため態度でわかってもらおうと、あからさまにそっけなくする女性も。

男性陣も「この話つまらなかったかな?」「俺の話全然聞いてくれないじゃん……」と自慢や武勇伝をやめるかもしれません。

ただ、なかにはそれでもグイグイと自分の話ばかりをする男性もいるのでご注意を。

3.とりあえず褒める

3.とりあえず褒める

「私は小心者なので、武勇伝を語られても褒めちゃいますね……」(27歳/接客)

「相手を怒らせても面倒なことになるだけなので、私は我慢して自慢話を聞くようにしています。ただどれも話を盛っているんだろうなとは思っていますけど」(30歳/通信)

なんだかんだ言って一番波風が立たないのはこの方法ですよね。

とくに相手が目上の人の場合、下手な態度も取れないもの。

「すごいですね~!」「○○さんにしかできないですね!」と相手を褒めて、気持ち良くさせてあげましょう。

これは男性を褒める練習なんだと割り切るのも手です。

もちろん腹のなかでなにを思うかは自由ですよ。

あなたのストレスにならないように

男性の自慢話や武勇伝がはじまったらイライラするのではなく、右から左に受け流すことが大切みたい。

適当に褒めるかそっけない態度を取って、なんとかその場を乗り切りましょう!

もちろん、好きでもない男性を褒めなければいけない義務はありません。

あなたの負担になる場合は、ピシャリと話を拒否するのもいいと思いますよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)