じつは、そんな素振りは見せませんが、男性は「本当は彼女に甘えたい」と密かに思っているみたいです。

“甘える”方法は人それぞれですが、そう思っていることに私たちは気づけていないかもしれませんね。

性格傾向を判断するのに優れた、生まれ年の干支占いなら、男性の甘えたいポイントを占うことができます。

そこで今回は、男性の干支別に「女性に言いづらいけど実は甘えたいポイント」を占ってみました。

前編に引き続き、後編のご紹介です。

【後編】干支占い・本当はこう思ってる…♡男性が「甘えたいポイント」とは

午(うま)年生まれの男性

【手取り足取り全部手伝ってほしい】

午(うま)年生まれの男性はいつもアクティブで、その分体力を人一倍使うでしょう。

そのため、家に帰ったらとにかく寝たい!疲れを癒やしたい!と考えます。

彼女には言えないけど、着替えや風呂、ご飯など身の回りのことを手取り足取り手伝ってほしい……なんて思っているでしょう。

プライドがあるので言えないけど、本当はたっぷり甘やかされたいのですね。

たまには彼の家事をやってあげるのもいいかもしれませんね。

未(ひつじ)年生まれの男性

【朝から晩まで愚痴りたい】

未(ひつじ)年生まれの男性は、小さなことでも気にしいな性格を発揮してしまいます。

ストレスが溜まり、本当はたくさん愚痴を聞いてほしいと思っているみたい。でも、愚痴り過ぎると彼女に悪いのでは……と遠慮してしまいます。

もし彼が愚痴や弱音を吐いていたら、全て聞いてあげる勢いで、しっかり向き合ってあげるのが良いと思います。

彼がほしいのは、あなたからの「大丈夫」「たくさん頑張ってて偉いね」という言葉。

普段彼にお世話になっている分、女友達の愚痴と同じように「うんうん」と共感して、彼の話を聞いてみてくださいね。

申(さる)年生まれの男性

【誕生日には高価なプレゼントがほしい】

見栄っ張りなところがある申(さる)年生まれの男性。

モテるイケメンになるために日々努力をしていますが、お洒落をするには、やっぱりお金がかかります。

彼女にはとても言いづらいけど、誕生日のときだけでも甘えさせてもらって、高価なファッションや美容アイテムが欲しいなあと思っているみたいです。

酉(とり)年生まれの男性

【ときにはぎゅっと抱きしめてほしい】

一度決めたら、周りの意見は聞かずにとことん突っ走ってしまう傾向がある、酉(とり)年生まれの男性。

それは、彼のプライドの高さと性格の繊細さからくるものでしょう。

彼女に甘えるという行為自体、自分のプライドが許さないけど、ときにはぎゅっと抱きしめてほしいと思うみたい。

彼が言葉にしていなくても、たまにでいいので彼を抱きしめてあげてください。

戌(いぬ)年生まれの男性

【日常的に少しずつ甘やかしてほしい】

きちっとしたサラリーマンというイメージが印象付きやすい戌(いぬ)年生まれの男性。

特別こうしてほしい!と思うよりは、日常の中で些細な瞬間に甘えたいと思っているかも。

たとえば「テレビを観ながらの膝枕」とか「二人きりのときにあーんと食べさせてもらう」とか、そういう小さなこと。

でも、保守的なので言いづらいところがあります。察して彼を甘やかしてあげてください……♡

亥(いのしし)年生まれの男性

【イライラしている時こそ甘やかしてほしい】

恋愛でもなんでもストレートなのが、亥(いのしし)年生まれの男性。

自分に正直なので、イヤなことがあると態度も悪くなりがち。それが良くない癖であることは本人が一番知っています。

彼がイライラしてしまうときこそ、彼女の出番。「大丈夫?」「何かしようか?」とフォローしてもらえると、甘えやすいなあと思うみたいですよ。

時には彼をたっぷり甘やかしてあげましょう♡

今回占ったように、男性は様々な「甘えたいポイント」があることがわかりました。

彼はどんな甘え方が理想としていましたか?その願望を満たしてあげられるのは、きっと恋人であるあなただけです。

本音を言いづらいときもあると思うので、気持ちを察してたっぷり甘やかすことで、お互いの信頼関係を築いていきましょう。

大切なのはタイミング。二人きりのときや彼がちょっぴり落ち込んでいとき時など、ベストなタイミングを見計らってアクションを起こせるといいですね。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)