恋をしていると、つい相手の気持ちが気になってしまいますよね。

脈アリか脈ナシかを、「デートに誘われるかどうか」で見分けることも多いでしょう。

でも、気になる彼がなかなか誘ってくれないからと言って、脈ナシと決めつけるのは、じつはもったいないこと!

そこで今回は、なかなか誘ってくれない彼の本心を探ってみたいと思います。

男性心理を分析して、次の一手について考えてみませんか?

本音を大公開!彼がなかなか「デートに誘ってくれない」理由とは

喜ばせる自信がないから

「○○なデートをしたい!」という理想は、男性よりも女性のほうが高い傾向にあります。

そのため、女性をデートに誘うまではいいとしても、その後のデートで満足させる自信がないから誘えない……そんな男性も少なくありません。

「センスがない」「つまらない」「ありえないチョイス」なんて言われて傷つくくらいなら、女性から誘われるのを待ったほうがいいと感じてしまうわけです。

そこで、あなたのほうから、「どこか行きたい場所はある?」と質問してみるのがおすすめ。

彼が行きたい場所をどんどん挙げてくれるようなら、本音ではあなたとデートがしたいと思っているのでしょう。

ほかに本命がいるから

考えたくないパターンですが、ほかにもデートをしている女の子がいて、その子が本命だというパターンもあります。

とはいえ、ある程度のつながりを残しておきたいと思ってくれているなら、まったく見込みナシというわけではないのかもしれません。

ほかに本命がいるのかをたしかめるなら、誕生日やちょっとしたイベントの日に、デートに誘ってくれるかどうかで見極めましょう。

もし誘ってもらえたら、「今日は、1日中一緒にいてね!」と、おねだりしてみるのもおすすめです。

脈ナシだと思っているから

脈ナシだと思っているから

もしかすると、あなたの反応が、彼の「誘ってみよう」という気持ちを萎えさせている可能性もあります。

たとえば、あなたが前回のデートで少しそっけない態度をとってしまい、彼が脈ナシだと勘違いしてしまった……とか。

とくに奥手な男性なら、前回のデートであなたを満足させられたかどうかを心配しているかも。

こういった場合は、あなたから「デートしたい!」という気持ちを、素直に伝えてみるといいでしょう。

その気持ちさえしっかり届けば、彼も次のデートに誘う勇気を出せるはずです。

忙しくて誘う余裕がないから

「忙しくて」は、お決まりの断り文句ですが、本当に忙しい場合もあります。

脈アリだけど、本当に忙しくてあなたを誘えない……という彼なら、連絡だけはしっかりしてくれるはず。

連絡の頻度やメッセージの内容で、脈アリかどうかを見極めてみましょう。

また、こちらから誘ってみて、「ゴメンその日は……」と断られたとしても、「○日なら行けるよ!」と、代案を提示してくれるかどうかを確認してみてください。

別の日を言ってくれるかで、彼が本当に忙しくて断っているのか、脈ナシの断り文句なのかを見極められるでしょう。

彼の本音を見極めて!

時間や体力、そして財力にはかぎりがあるため、おのずと何を優先させるかは決まってくるもの。

その優先順位を浮かび上がらせる、上手な質問や会話のやり取りをしてみましょう。

脈アリだと感じたら、彼がもっと積極的に誘ってくれるよう、上手におねだりするのが◎

脈ナシだと感じたら、次の恋も視野に入れたほうがいいかもしれません。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)