女性は多少ワガママな方がかわいいでしょ?と思っているそこのあなた。

じつはそれ、盛大な勘違いかも。

男性からすると全然かわいくないようです。

そこで今回は、男性が「ウザい」と感じるワガママを3つご紹介します。

かわいくないから!男性が「ウザい」と感じるワガママ3つ

「キュンとする仕草」をねだる

たまに人肌が恋しくなることってありますよね。

お酒の席などでふざけて、「壁ドンして~」とか「頭ナデナデして欲しい」といった甘えをしてしまったことはありませんか?

酔っている程度が深いと、そう甘えたことさえ覚えていないというケースもありえます。

そんなとき、男性は「ウザイな……」と感じているそう。

女性の甘えに対して、恋愛感情を抱いていない場合は、面倒だとしか感じないようなので気をつけたいですね。

「そんなこと言われても困る」(33歳男性/区役所勤務)

「触ってほしそうで飢えてる感が怖い。ウザったい」(31歳男性/自動車販売)

厳しい意見が並んでいますね。

悲しいようですが、恋愛対象ではない男性にむやみやたらに甘えてしまうのは、自分の評価を下げてしまうため厳禁!

むしろ、こういった甘えを見せない姿勢で過ごすほうが好感を持ってもらいやすいので、酔っても甘えないというのを徹底していきましょう。

おごってもらう気満々

恋愛対象でもないのに、異性にご飯をおごってもらおうとする……これをウザイと感じている男性は多いよう。

皆さんはつい、女性であるということを武器にしてご飯をご馳走になろうとしてしまってはいませんか?

恋愛対象になった女性であれば、ごちそうをするのになんの抵抗感もない男性陣。

しかし、友達程度の関係であれば、「なぜおごらなきゃならないの?」といった風に不快に感じているようです。

「飲み会の席で、おごってもらうのが当たり前なテンションの女性がいる。彼氏でもなんでもないのに、男性陣に飲み代を払わせるって神経が考えられない」(23歳男性/食品加工会社)

女性からしてみれば、かわいらしい甘えであり、一緒にお酒を飲んだのだからご馳走してくれても……と思うところ。

しかし男性にとってはあくまでも恋愛対象ではない女性の場合、チヤホヤしようとは思っていないということを知っておきましょう。

連絡の催促をする

連絡の催促をする

ちょっと親しくなってきた頃に思うのが「彼は今、なにしているのかな」ということ。

自分の目が届かないあいだ、なにをしているのかが気になって仕方なくなってしまうというケースが考えられます。

しかし、連絡を催促するようなことが一番束縛されている感を覚え、ウザがられてしまうので注意が必要です。

「今なにしてるの?とか、付き合ってもいないのに連絡がくると辛いですね。べつに付き合ってもいないし、彼女っぽいこと言ってくるのはただ迷惑」(20代男性/家電量販店勤務)

こちらとしては気になる男性につい言ってしまいそうな一言。

ですが、言われた男性側としては「彼女でもないのに……」とウザったく感じてしまうようですね。

相手の負担になっていないか注意!

悪気はなくても、ワガママのつもりがじつは本気で迷惑がられてしまっているかもしれませんので気を付けましょう!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)