ある程度の年齢を重ねてくると、結婚を見据えながらお付き合いをするはず。

しかし長い交際期間だったのにも関わらず、自分から別れを切り出す女性もいるみたいです。

結婚したいはずの年齢のはずなのに、どうして別れを決意するのでしょう。

今回は、女性に聞いた「結婚を考えていた彼と別れを決意した理由」について紹介します!

もう無理…結婚を考えていた彼との別れを決意した4つの理由

なぜか気持ちが冷めてしまった

「彼と結婚するんだと思い4年以上付き合ってきたけれど、だんだん自分が本当に彼を好きなのかわからなくなってきた。

このまま結婚したら後悔する気がして別れを切り出しました」(33歳/一般事務)

結婚する前から気持ちが冷めているということは、結婚後はもっと彼に愛情が持てなくなる可能性もあるでしょう。

「一生の伴侶」となる結婚なので、結婚前から、危機を感じてしまうと、別れに直結しやすいのかもしれません。

こちらは交際期間が長いカップルにありがちな話のようです。

約束を守ってもらえない

「デートをドタキャンしたり、待ち合わせ時刻に大幅に遅れてくることが多かった彼。

毎回イライラしていたので、このまま結婚するべきではないと別れることにしました」(31歳/販売)

どんな些細なことだったとしても、約束が守れない男性は一緒にいて不信感を募らせるだけでしょう。

しかも、この場合は彼が約束を守らないことに罪悪感を抱いていないので、女性側が「なんでそんなに細かいんだよ」と怒られてしまうこともあるみたい。

彼との価値観が違うなと思ったら、無理に結婚を推し進めるのではなく、一度立ち止まってみるべきでしょう。

結婚話が進まない

結婚話が進まない

「『結婚する前に同棲しよう』と1年以上も言い続けている彼。これ以上待っていられないし、ほかに良い人を探したほうが早いことに気付きました」(27歳/アパレル)

女性側だけが結婚を意識している、もしくは彼から「結婚しよう」と言われるものの、なかなか具体的な話が進まないことは多いみたい。

とくに女性は出産・育児の観点から見ると、男性よりも結婚に焦りが生じるのはごく自然なことといえるはず。

その気持ちも理解せず、ただダラダラと結婚を先延ばしにする彼に見切りをつけたくなるのは当然かもしれませんね。

ほかに女がいた

「私のほかに関係を持っている女性が何人かいることが発覚。

彼は『本当に好きなのは○○ちゃんだけだから』と言っていたけれど、だったら浮気なんかしないはずだと思い、別れました」(28歳/飲食)

いくら彼から「ほかの子は遊びだよ」「結婚を考えているのはお前だけ」と言われたとしても、もう何も信用できないでしょう。

それに浮気癖は一生直らないとも聞きますし、浮気を許す寛容さも必要なんてことを言われることもあるでしょうが、そんな必要もないはず。

浮気癖がある男性は治らないといっても過言ではないので、早めに別れるほうがいいでしょう。

本当に彼で大丈夫?

結婚は一生を左右する大事なイベントになるはず。

たとえどんなに彼のことが好きだったとしても、「このまま結婚してはいけない」と思うのであれば、勢いに任せて結婚するのは危険でしょう。

彼と話し合った上で、それでも解決できないのであれば、お別れする覚悟も必要かもしれません。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)