気になる男性とデートもよくしているし、連絡も毎日取り合っている。このように「付き合ってはいないものの、よい感じの雰囲気」の時期ってわくわくしませんか。

でもそんな気持ちに舞い上がりすぎるのは要注意。彼に対するあなたの言動や態度で、相手がげんなりとしてしまう可能性があるからです。

男性から「面倒な子だなあ」と思われることがないよう、今回は「交際前の男性にやってはいけないこと」を紹介します。

「彼女でもないのに面倒だな…」交際前の男性にやってはいけないこと3つ

ヤキモチを焼いて、束縛する

好きな人の周りの女性に、ヤキモチを焼いてしまう人は少なくありません。

しかし怒りや束縛として彼にぶつけてしまうのはNGです。

「あの子と楽しそうに喋っていたよね。悲しくなるからやめてほしい」「ほかの子と会わないで」と束縛するような発言は控えましょう。

「彼女じゃないのに何で言われなきゃならないの」「つきあったら面倒そう」と男性に重苦しく感じさせてしまいます。

連絡を義務化する

LINEやSNSメッセージが当たり前にある環境なので、気になる男性とは手軽に連絡を取り合うことができます。

それに慣れてしまい、「なんでLINE返してくれないの?」と数日返事が遅れただけで責めてしまったり「連絡ないので心配です」と案じるふうに返信を催促したりするのはNGです。

「連絡してよ~!」という義務のオーラを、男性は感じてしまうでしょう。

交際前にこれをしてしまうと、彼は「付き合ってもいないのにこれなら、交際後はマメに連絡を求められることになるよな……」とマイナスな印象に持ってしまいます。

周りの人に、彼の話をしすぎる

周りの人に、彼の話をしすぎる

恋をしていると楽しくて、つい周りの人に言ってしまう女性は多いです。

しかし、同僚や学校などで『彼と共通の知人が多い』のなら注意するべきでしょう。

知人が彼に「◯◯ちゃんからデートの話聞いてるよ」「△△君って照れ屋なんだってね、◯◯ちゃんから聞いたよ」と、他愛もない話題から「オレのいないところでプライベートなことをペラペラ喋っているのか」と引かれてしまうかもしれません。

恋愛のことは第三者からあれこれ言われたくないし、知られたくないという男性は少なくないはず。交際前に彼の話をしたいなら、彼と接点ゼロの友人だけにしておきましょう。

男性の気持ちを汲み取って

彼女になってからなら多少受け入れられることでも、交際前では「本命の彼女にしたくない」と思われる原因になることもあります。

「付き合う間際」のときほど、男性の気持ちを汲み取ってあげましょう。

(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)