決して浮気なんかしない男性もいるというのに、世のなかには「つい、軽い気持ちで」浮気をしてしまう男性がいます。

その、「つい浮気した」というのが理解できないのですが、いったいどんな心理が隠れているのでしょうか。

今回は、浮気常習犯な男性」の特徴を徹底解剖します!

理解できない…「浮気常習犯な男性」の特徴を徹底解剖します!

ストライクゾーンが広すぎる

ストライクゾーンとは、それぞれが許容できる「好みのタイプ」のこと。

浮気常習犯な男性は、ストライクゾーンがかなり広いという特徴があります。

嫌いなタイプの女性がほとんどいない、そんな間口が広いタイプなのでしょう。

来るものは拒まず、女性のほとんどがよく見えてしまう世界なのでしょうね。

道行く人やあらゆる人が魅力的に見えてしまい、つい浮気をしてしまうのです。

「彼女が1番だから」と開き直っている

「結局彼女に戻るんだからかまわないでしょ」という謎の理屈を持っている男性もいます。

「本命彼女よりは愛さないのだからいいんだよ」という意味でしょう。

裏を返せば「彼女が最高。彼女以上の女はいない」と言っているようなものですが、恋愛というか、付き合いを甘く見すぎています。

彼女がいつまでも自分を許してくれていると思ったら大間違い。

こんなことを続けているうちに、彼女に愛想をつかされるはず。

女性からの押しに弱い

女性からの押しに弱い

女性からアタックされたら断れない性格で、はっきりノーと言えないのだとか。

「断ったらなんだか悪い気がする」「かわいそう」と、優柔不断ではっきりできない男性や、「そこまで言うなら。こんな自分を好きになってくれるなんて……」と押しに弱い男性がいます。

押しに弱い男性は結構多く、押せば高い確率で付き合えるでしょう。

でも、そのあとにすぐ逃げ出そうとするのも、この性格の男性ですね。

行動力がある

めんどくさがりではないうえ、なにごとにも興味津々のアクティブな人だと、面倒くさがらず浮気相手の元に通います。

その女性に好奇心がある場合と、「浮気をしている」自分の行動に新鮮さを感じている場合があるのです。

行動力を1人の女性に向けてほしいものですが……。

誰も咎めなかった

元カノが浮気を許してくれる人だったため、「これは悪いことだ」とはっきりインプットされていないことがあります。

たいていの男性なら「謝っても彼女はしばらく許してくれなかった」「罪滅ぼしや彼女への信頼回復が大変だった」など苦労があり、学習しているはず。

そういうことがないので浮気について軽く考えていることがあります。

浮気癖は治らないかも

どうしても「浮気癖」が治らない男性はいます。

しかも、罪悪感がないぶん、かなりタチが悪いですね……。

それは彼の性分なので、付き合うなら最初から誠実な男性を選ぶのが吉ですよ。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)