男性が結婚を決めるときのポイントのひとつは、彼女の作る手料理ではないでしょうか。

誰だって美味しい料理を作ってもらえれば嬉しいですよね。

もし料理が少し苦手でも、自分のために頑張ってくれる姿は魅力的に映るでしょう。

そこで今回は、男性が結婚したくなる「手料理」を5つご紹介します。

鉄板メニュー!男性が「結婚したくなる」手料理5つ

定番中の定番!カレーライス

まずはド定番のカレーライス。

簡単ではありますが、カレーを嫌いという男性はまずいないでしょう。

男性の好きな料理ランキングにも必ず上位ランキングされていますよね。

彼好みにアレンジするならば、甘口か辛口か、トロトロ派かさらさら派か、ポークやチキンなどお肉の好みを聞いてみましょう。

カレーライスと言っても、辛さやお肉の種類でテイストや食感がガラリと変わります。

少しでも彼好みに仕上げてくださいね。

温もりを感じる肉じゃが

じゃがいもや人参などの野菜を加減よく煮込むのは、料理経験の豊富さがものを言います。

肉じゃがは簡単そうに見えて、料理の腕前が必要なメニューなのです。

しかも、肉好き男子の欲望を満たしつつ、野菜もしっかり取れる秀逸さ。

おふくろの味の代表的料理とも言える肉じゃがは、男性が最も求めている一品かもしれませんね。

実家を思い出すお味噌汁

出汁と味噌の風合いが魅力の味噌汁に、懐かしさを覚える男性は少なくありません。

味噌汁は地域によって出汁の取り方や代表的な具などが違います。

彼の故郷の味噌汁をリサーチして、彼を驚かせてみてはいかがでしょう。

また、彼が二日酔いのときに、肝臓の働きを良くする効果のあるアサリやシジミ汁をさらっと出せる器量があると、彼との結婚も近いかもしれませんよ。

子どものときに食べたハンバーグ

子どものときに食べたハンバーグ

小さいときにお母さんの手作りハンバーグが大好物だったという男性は多いのではないでしょうか。

大人になってからも時々食べたくなりますよね。

子どもの頃に大好物だったメニューを作ってくれる女性は、母親の愛情を彷彿とさせます。

さらにワンプラストッピングで「とろーりチーズ」を加えれば、レストランで家族で食べたハンバーグを思い出すのではないでしょうか。

彼の健康も考えて付け合わせの人参やポテトも忘れずに!

自分では作らない唐揚げ

揚げものってどうしてあんなに美味しいのでしょう。

お酒のお供に絶対に嬉しいと思えるのが、ジューシーな肉汁がしたたる鳥の唐揚げです。

とくにビールとの相性は抜群ですよね。

コンビニやスーパーの唐揚げばかり食べている彼に、オリジナルな味付けの手作り唐揚げをご馳走してみてはいかがでしょうか。

揚げたての熱々唐揚げで2人の仲もアツアツになりますよ。

家庭料理で胃袋がっちり!

男性が結婚を意識する料理は、割と簡単メニューで女性なら誰しもが経験したことのある料理ばかりです。

ありきたりだからこそ家庭料理なのかもしれませんね。

でも、あまり料理経験がないと「故郷の味」や「おふくろの味」を出すのに苦戦してしまうこともあるでしょう。

料理教室に通うのも一つの方法ですが、自分の母親や彼のお母さんに料理を習うのもオススメです。

しっかりマスターして、がっちり彼の胃袋を掴んじゃいましょう!

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)