気になる男性と話しているとき、ついつい「彼は私のこと、どう思ってるのかな?」と気になってしまうことって多いと思います。

彼は誰にでも優しいのか、それとも私にだけ?なんて考えてしまいますよね。

男性も、やはり本命の女性とそうでない女性に対しては、違った言動を取るもので、本命の女性にだけに見せる「本気サイン」があるようです。

今回は、それらのサインについて、具体的な話を男性に聞いてみました。

「じつは本気です」男性が本命の女性にだけ見せるサイン3つ

1.無理してでも予定を合わせる

「本気で好きになると、やっぱりたくさん会いたいじゃないですか。だから『あ~、その日はちょっと……』と言いつつも『待って!調整してみるから!』と必死になってしまいますね」(27歳男性/販売)

お付き合いする前のデートの時間は、もっとお互いを知り仲を深めるための大切な時間です。

そんな大切な時間ですから、男性もできれば少しでも多く持ちたいと思うようです。

そのため、女性から提案された日時に予定が入っていても、なんとかならないか調整しようと必死になってしまうのですね。

もし本命ではない相手なら、「その日は無理だな」と、自分が無理してまで必死にならないものです。

2.質問や問いかけが増える

「本気で好きな人には、どんな子なのか知りたくていろいろ質問します。それにその子がどう思うのか知りたいから、問いかけることも多くなります。『これはどう思う?』とかってやたら聞いちゃいますね」(30歳男性/営業)

男性は、本命以外の女性には自分の意見が第一という感じで、「俺が、俺が」となりがちな人もいます。

そんな男性でも、本命の女性にはまず彼女の気持ちを聞こうとするので気付きやすいはずです。

たとえば以前は「ラーメン食べたい」と一方的に決めていた彼が「○○ちゃんはなに食べたい?好きなもの選んでよ」と言うようになったら、本命に変わったサインかも!

3.場合によって怒ってしまう

3.場合によって怒ってしまう

「好きだからこそ、怒るようにもなります。たとえばほかの男の話されたときとかに、嫉妬もあるんですが、『危なっかしい』と思ったときなんかは本気で怒りますね」(28歳男性/建築)

自分のことでなにかを言われて怒るということではなく、女性がなにか危ないことをしたときや、本気で心配しているときなどに、怒ってしまうというのは本命サインのひとつです。

こちらの男性のように、ほかの男性の話をされたとき、普段は単なる嫉妬でも、本気で怒るようですね。

「怒る」というより、「叱る」というニュアンスに近いとき、受けた側も愛情を感じるのでわかるはずでしょう。

サインを見逃さないで!

男性も、本命の女性に対しては、それなりにサインを出して示しているのですね。

これらのサインのような言動が見られたら、見逃さないようにして、もっと仲良くなるきっかけにしてくださいね。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)

【ほかの意見】分かりやすい?本命女性の前ではこんな態度を見せちゃいます