よく利用する電車やカフェ、はたまたさっき街ですれ違った男性を好きになっちゃった!

いわゆる「ひとめぼれ」を経験したことはありませんか?

自分から声を掛けるのは勇気がいりますが、せっかく良いなと思える人が現れたのですからこのチャンスは無駄にしたくないもの。

そこで今回は、女性から「逆ナン」する方法をご紹介します!

ひとめぼれしちゃった!女性から「逆ナン」する方法

顔見知りになる

気になる彼と接点があるのなら、顔見知りになれるようにしてみましょう。

たとえばバーのお客さんにひとめぼれをしたのであれば、彼が来る日を狙って通ってみるとか……。

「今日もまた会いましたね」なんてところから話が広がれば、自然と連絡先の交換もできるかもしれません。

共通点を駆使して、焦らずじっくり攻めてみましょう。

1対1でやりとりする

中高生のときにありがちだったと思うのですが、告白に女友達をわらわらと連れていく女の子っていましたよね。

本人はそれで自信がついて満足だったのかもしれませんが、彼からすると恥ずかしすぎて逃げたかったはず。

みんなから冷やかされるのはもちろん、万が一そこで告白を断ればブーイングの嵐。

これは本当に地獄ですよね……。

逆ナンも同じです。

勇気が出ないからといって友達を連れて行ってしまうと、彼に気を遣わせるだけになってしまいます。

また彼が男友達と一緒にいるところに突撃をするのもNG。

彼のことも考えたうえで、1対1のやりとりを目指しましょう。

連絡先を渡す

連絡先を渡す

とはいってもすれ違いざまにひとめぼれをした場合は、そんな悠長なことを言っていられません。

そんなときはLINEやTwitterのIDと自分の気持ちを紙に書いて、彼に渡してその場を去るのもアリだと思います。

もちろん彼が連絡してくれるかはわかりませんが……。

ただ「やっぱりあのとき声を掛けておけばよかったかなぁ」と後悔するのだけは避けたいもの。

自分がやれるだけのことをすれば、たとえ連絡が来なくても納得がいくかもしれませんよ。

アプリを利用する

最近では、すれ違う異性にいいねをしてマッチングをすればメッセージのやり取りをできるアプリも存在します。

これなら気になった相手にも、女性から気軽に逆ナンができますよね。

「外に出ると『いいな』と思う男性が割とたくさんいる」という人は、一度こういったアプリをインストールしてみてはいかがでしょうか。

出会い方は関係ない

ひとめぼれからはじめる恋は、成就すれば長続きするといったデータもあるようです。

ほんの少し勇気を出して、あなたのほうからきっかけを作ってみても良いかもしれないですね。

応援していますよ!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)