彼との結婚を視野に入れるのであれば、「そろそろ同棲を……」と考える女性も多いのではないでしょうか。

でも、勢いだけで同棲をするのは危険という意見もよく耳にしますよね。

そこで今回は、同棲をはじめるベストなタイミングについて解説していきます。

勢いだけじゃダメ!同棲をはじめるベストなタイミングって?

結婚を前提に付き合うとき

まず考えられるのは、お互いが結婚を前提に付き合っていること。

そして、すでに結婚を意識した関係作りができているときかもしれません。

それだけ付き合いが長く、もはや相手がパートナーの立ち位置になっているケースですね。

しかし、結婚前の同棲は別れ率も高いといいます。

この場合、なんのための同棲なのか。

きちんと、目的意識をハッキリしておいたほうがいいと思います。

「同棲は一年間」「あくまで結婚の準備期間として、ふたりの相性を見るために同棲する」「一年を過ぎたら結婚する」

このように目的を明確にするのです。

一緒に暮らして初めて分かることも多いでしょう。

そのうえで、改めて結婚の判断ができるといいかもしれませんね。

マイナスな理由ではじめるのはNG

もうひとつ結婚前の同棲で多いのが、このパターンだと思います。

たとえば、彼の家が自分の家から離れている。

女性が実家住まいで、彼がひとり暮らし。

そのような場合、次第に彼の家に泊まることが多くなり、通い妻から同棲に……というケースは少なくなさそう。

その分、ダラダラと同棲してしまう恐れも高いかもしれません。

通い妻から同棲するパターンで気をつけたいのは、恋の状況をきちんと客観視することです。

単に「彼に会いたいから」と同棲してしまうと、それこそ関係はうまくいかないでしょう。

お互いの仕事が忙しくて、なかなか会えない場合も同様です。

一見同棲すれば「お互いに顔を合わせるから、うまくいくのでは?」と感じますよね。

でも仕事優先で、相手のことを気にかけられないようでは、関係をこじらせてしまう見方もできます。

焦って同棲をするよりも、仕事が一段落してからでも遅くないかもしれません。

お互いに余裕があるときがベスト

要は、同棲でなければ得られないこと以外は、通い妻で。

あるいは、普段のデートに留めておいたほうがいいということです。

「同棲」と言えば聞こえはいいですが、同棲は毎日の生活の繰り返しです。

同棲するからには仕事や家事、プライベートを、きちんと両立できる環境にあることが大前提です。

なぜならいずれかのバランスが崩れてしまうと、お互いの心労が増え、たちまち関係崩壊のリスクが高まるからです。

そういった意味で、お互いが同棲してもいいタイミングをしっかりと見定めること。

お互いに余裕があるときに同棲するのがいいと思います。

本当に同棲すべきか見極めて

同棲に憧れるうちは、安易な同棲に走ってしまいがち。

まずは、ふたりにとっての同棲をきちんと考えること。

そのうえで、上記のポイントでタイミングを見極めてはいかがでしょうか。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)