ほかに好きな人ができた、相手に飽きてしまったなど、別れの理由はさまざまです。

でも、自分から別れを告げたにもかかわらず、時間が経ってから改めて「彼が大事な存在」だったと気づくこともあります。

そんなとき、「今更なんて言えばいいの?」「受け入れてもらえる?」「都合良すぎるよね?」なんて言葉が頭をグルグル回ってしまうでしょう。

そこで今回は、自分から振った彼に復縁を切り出す前の心構えについてご紹介します。

やっぱりやり直したい……。自分から振った彼と復縁したいときの3つの心構え

復縁はではない

まず、簡単に復縁ができるとは思わないほうが良いでしょう。

もちろん場合によっては、「やり直したい」の一言だけですぐに復縁できることもあるでしょう。

ですが、たった一度でも、あなたは彼を傷つけてしまったわけですから、関係を修復するには時間がかかると思ったほうがよさそうです。

また、中には、「復縁の話自体はうれしいけど、簡単にOKしてしまうのはプライドが許さない」という男性もいます。

すぐに結果を求めないよう注意してくださいね。

傷つく覚悟も必要

別れ方や、別れてからどのくらい時間が経っているかにもよりますが、復縁を切り出したことであなたが傷つく場合もあります。

たとえば、彼の中で、振られたときの屈辱感や怒りが治まっていないとき。

あなたの話を聞いてくれなかったり、会ってもらえなかったり、またはひどい言葉を言われるかもしれません。

さらには、すでに彼女や好きな人がいる場合、あなたに振り向いてもらうことは難しくなるでしょう。

なので、彼にやり直したいと伝える前に、悲しい思いをするかもしれない、傷つくかもしれないと覚悟しておいてください。

正直に話す

注意してほしいのは、彼と別れてから、ほかの男性と付き合った場合です。

言わなきゃバレない、できる限り隠しておきたい、と思う部分かもしれませんが、事実は正直に話しましょう。

詳細まで話す必要はありませんが、ここで話さないと言い出すきっかけを逃し、復縁できた場合もウソをつき続けなければなりません。

また、中には「ほかの男に振られたから戻ってきた」と疑う男性もいます。

彼に気持ちを伝えるときは、今の自分にとってどれだけ彼が大切な存在なのかをしっかりと言葉にしてくださいね。

復縁は慎重に

自分から振ったとしても、彼のことを思い出したり、ほかの誰かと付き合ってから後悔したりすることもあると思います。

もしかしたら、彼もあなたと同じ気持ちかもしれませんよね。

でも、復縁したいと思っても、すぐに行動を起こすのは控えましょう。

自分の気持ちと向き合い、リスクも想定しておくことが大事です。

その上で、やっぱりやり直したいと思うのなら、彼に正直な気持ちを伝えてみましょう。

彼の信用を取り戻せるよう、友達からはじめる気持ちで頑張ってくださいね。

(斎藤奈々子/ライター)

(愛カツ編集部)