最近なんだか、彼との関係に「温度差」を感じる……そう思ったことはありませんか?

彼に「一途すぎる」女性は、ときにわずらわしく感じられて、「温度差」を生じさせる原因にもなるのです。

そこで今回は、彼と良いお付き合いをしていくために、男性にとって「一途すぎる」女性の特徴と、それに対する男性の心理を挙げてみました。

一緒に見ていきましょう!

彼の重荷になるかも…?「一途すぎる」女性の特徴

ずっと「彼との予定」を優先する

付き合う前や付き合ったばかりのころは、お互いにラブラブ状態。

友達と会う予定よりも、彼氏と会う予定を優先する女性も多いでしょう。

おそらくそれは、男性側も同じ気持ちだと思います。

ただ、付き合いが落ち着いてくると、男性は「ドキドキ」よりも「安心感」を求める傾向にあります。

彼女を「安心できる相手」と位置付けつつ、友人との時間や自分一人の時間の優先度も上げていくでしょう。

そんな一方で、あなたは相変わらず「彼最優先」だと、付き合いづらさを感じさせてしまいそう。

彼氏に愛情を持ち続けることはもちろんいいことですが、同時に彼との適度な距離を保つ努力もしてみましょう。

連絡やデートの頻度が高い

連絡やデートの頻度が高い

「彼氏と毎日でも連絡を取りたい」「毎日でも会いたい」……と思うタイプの女性の場合。

彼もあなたと同じように、毎日でも連絡、デートを頻繁にしたいタイプだったらいいのですが、そうでない場合は「温度差」が生じてしまいます。

それこそ付き合う前は、あなたに好き好き状態で、積極的にアプローチしていた彼も、付き合いが落ち着いてくると、仕事やプライベート優先になることが多いようです。

そのため、付き合ってしばらく経っても、グイグイと迫ってくる彼女に、ちょっとわずらわしさを感じてしまうことも。

付き合いが落ち着いてくれば、多少のマンネリは仕方ありません。

そこは思い切って割り切りましょう。

きちんと話し合って、彼があなたの寂しさに付き合ってあげたり、あなたはあなたで譲歩したりする心がけが大事になってくるでしょう。

「ラブラブ」から「パートナー」にステップアップ!

できれば二人のあいだに温度差がない方が、お互いにストレスにならず、良いお付き合いができますよね。

連絡やデート頻度が少なくなるのも、裏を返せば、それだけふたりのあいだにしっかりとした信頼関係ができているから、とも言い換えられます。

思い切って「一途さ」を捨てて、彼との関係を「ラブラブ」から「人生のパートナー」へとシフトできるように、自己改革してみてください。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)