何とも思っていなかった女性が、予想外にかわいいセリフをつぶやいたとき……。

「え、それってどういう意味?」「もしかして俺のこと好きなの?」と、恋に落ちてしまう男性もいるようです。

彼らはどんなセリフにときめいてしまったのでしょうか?

今回は、男性の体験談をもとに、「かわいすぎるセリフ」をリサーチしてみました!

悶絶級!彼を不意打ちでときめかせる「かわいすぎるセリフ」3選

1.コイバナで「○○くんに彼女できたらイヤかも」

「仲がいい女性と『次に付き合うならどんなタイプ?』って話になったのですが、急に『○○に彼女ができたら何かイヤかも(笑)』と言い出して。

急にどうした?ってドキドキ。俺のほうが意識しちゃいました」(21歳/大学生)

ただの友達だと思っていた女性から、急に嫉妬めいたことを言われたら、キュンとするもの。

「それって俺と付き合いたいってこと?」と思い、あなたを意識するでしょう。

もし、彼のリアクションが微妙でも、「とくに深い意味はないんだけど」と流せばOK。

告白よりもライトなので、彼の反応を伺うためにもトライ!

2.褒めたあと「ごめん、忘れて」

「女友達が『今日の○○カッコいいね』と突然、褒めてきて俺もビックリ。
『……え?』って驚いたら女友達が『ごめんいまの忘れて!』と慌てて……。

そんなの忘れられるわけない。不意打ちでキュンときましたね」(23歳/製造)

「忘れて」と言われると、逆に忘れられないことってありませんか?

とくに恋愛では、一言「忘れて」とつけるだけで、よりリアルさが増すものです。

焦っている姿もあいまって、「本気で俺のことカッコいいって思ってるのかな?」とより気になるものです。

彼との関係がなかなか進展しないときは、こういった一言でかけ引きするのもアリかもしれませんね。

3.「○○さんのおかげです!」と感謝する

3、「○○さんのおかげです!」と感謝する

「新人さんに『だいぶ仕事できるようになったね』と言ったら『いや、まだまだです。でも○○さんのおかげ。ありがとうございます!』と返ってきた。

普段めったに言われないので、何だか嬉しくなっちゃいました」(27歳/営業)

学校や仕事、友達など、どんなシーンでも使える感謝のセリフ。

たとえば男友達に話を聞いてもらったとき、「○○のおかげでラクになった。ありがとう」と一言付け足すだけで、印象は大きく変わるはずです。

人には少なからず「誰かに必要とされたい」という承認欲求があるもの。

そのため、ハッキリ「○○さんのおかげ」「助かった」「ありがとう」と言われて、イヤな気持ちになることはまずないでしょう。

彼をキュンとさせるのもそうですが、周囲とよりよい関係を築いていくためにも、ぜひ口に出して感謝の気持ちを伝えていきたいですね。

彼を不意打ちでときめかせる!

男性は基本的に、褒められる、もしくは必要とされるといった、「自分を肯定されるセリフ」にキュンとするようです。

多少の恥ずかしさはあるかもしれませんが、どのセリフも恋愛というより「人として好き」と捉えられるので、言いやすいはず。

彼を不意キュンさせることで、ただの友達や、先輩・後輩の関係から抜け出せるかもしれませんよ。

ぜひ実践してみてくださいね!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)