お付き合いが長くなってくると自然と結婚も考え出しますよね。

でも、今の彼と結婚して幸せになれるのか、不安になることもあるかもしれません。

そこで今回は、結婚してうまくいくカップルと、失敗するカップルの違いをご紹介します。

なぜうまくいかなくなるのか原因を知り、今後の結婚生活の参考にしてみてください。

結婚してうまくいくカップルと、失敗するカップルの違いって?

職業や年収にとらわれていないか

女性の場合、相手の年収や職業にこだわって結婚してしまうと、失敗するケースがあります。

生活をするうえで性格が合うかどうかということは、肩書きよりもとても大切でしょう。

もちろん年収やお金があることも生活において大切ですが、年収や職業はある意味で不確定な要素ともいえるでしょう。

終身雇用制度の崩壊、リストラ、労働力の外注化などで仕事や年収が変わることも考えられます。

もしもその条件が変わったら……と考えてみてはいかがでしょうか。

どんな人と結婚するのかというのを、性格の面からも見てみることをおすすめします。

本音を言える相手かどうか

好きな相手に我慢をして言いたいことを我慢していませんか。

相手の好みに合わせようと必死になっていませんか。

どちらかが相手に合わせようとしているカップルは、結婚をしてもうまくいかない傾向があります。

付き合って結婚し、さらにその後の結婚生活において、親戚づきあいや親との同棲などいろいろな問題も出てくるでしょう。

いつも相手に合わせている人は、それらの問題も重なりいずれは我慢の限界がくることも予想されます。

逆に成功するケースは、ケンカができるカップルです。

本音を言い合うことができるため、お互いを心から知ることができます。

付き合っているときや同棲生活でも、きちんと自分の本音で付き合える人かどうか、相手を見極めるとよいでしょう。

平等な出費をしているか

デートや同棲において、不公平感なくお金が出せているでしょうか。

年収に差があるカップルもいらっしゃると思われますが、長続きさせるなら不公平感をなくす工夫をしてみることをおすすめします。

たとえばいつも彼に多く払ってもらっている人は、ときには自分が負担することを申し出たり、お金がないという場合は、相手が喜ぶことでお返しをしてあげたりするとよいでしょう。

どんなに相手がいい人でも、礼儀を忘れず接することです。

結婚後は食費や育児、家賃などさまざまな出費があり、どちらかが重荷になっているとケンカになりやすく、ゆくゆくは失敗ということもありえます。

お互いの共通の通帳を作って、管理することもおすすめです。

一緒に「生活」していける相手かどうか

結婚が続く秘訣はいかに「生活」できるかどうかという点です。

シンプルですが、失敗するカップルは生活が継続できない理由があることがほとんどです。

付き合っている時点で、しっかりと「この人と5年10年生活ができるだろうか」と考えることが成功する結婚への道になります。

ぜひあなたが思う幸せの結婚生活を手に入れてくださいね。

(西園寺さくら/ライター)

(愛カツ編集部)