恋愛において、「嫉妬」する気持ちはつきものかもしれません。

自分が相手に嫉妬することもあるでしょうし、その逆もしかりです。軽いヤキモチを焼かれるくらいの嫉妬ならかわいいと思うかもしれませんが、あまり根深い嫉妬だと付き合うことにも疲れてしまうでしょう。

そこで今回、じつは「嫉妬深い男性」を男性の干支別に占いました。

5位から1位の順に、ランキング形式で発表していきます。

干支で占う・じつは「嫉妬深い男性」ワースト5

5位 丑(うし)年生まれ

……かなり根深く嫉妬する

丑(うし)年生まれの男性は、かなりマイペース。

自分に自信を持っているのであまり嫉妬することはありませんが、一度嫉妬したらかなり根深く嫉妬するかも。

たびたびその出来事を思い出し、「一度あることは二度ある」と忘れずに覚えておくのでしょう。

ですが嫉妬心を表に出さないので、女性側は気づかない場合もありそうです。

4位 卯(うさぎ)年生まれ

……とりあえず嫉妬する

卯(うさぎ)年生まれの男性は、かなり嫉妬深い性格。

さらに頭の回転が早くせっかちなので、勘違いも多い傾向にあります。

彼女がほかの男性と近距離で話していると、「もしかして気があるんじゃ……?」と考えたり「何やってるの?」と引きはがしに行ったりするでしょう。

会話の内容が事務的なものだけだとしても、とりあえず嫉妬してしまうのです。

3位 戌(いぬ)年生まれ

3位 戌(いぬ)年生まれ

……普通に嫉妬深い

戌(いぬ)年生まれの男性は、普通に嫉妬深い性格。

そして嫉妬したことを、女性に伝えるタイプだと言えます。

「そんなに男性がいっぱいいる飲み会に行くのってどうなの?」「職場の人だとしても、男女ふたりでランチとかはあんまり……」という具合に、自分の気持ちをうったえるかもしれません。

彼自身、「そんなことに嫉妬するのは非常識」とも思っているもの。ですが恋人への気持ちが強く、嫉妬心を抑えられないのでしょう。

2位 酉(とり)年生まれ

……プライドが高いので嫉妬する

酉(とり)年生まれの男性は、完璧を目指す傾向。自分にも厳しい、まっすぐな努力家タイプだと言えます。

プライドが高く「ほかの男性と比べられた」と思うと、機嫌を悪くすることがあるでしょう。

自分よりもレベルが下の男性だと納得がいきませんし、レベルが高いなら高いで嫉妬と羨望でいっぱいになってしまうのです。

1位 巳(へび)年生まれ

……妄想して嫉妬する

巳(へび)年生まれの男性は、非常に慎重な性格。

恋人に対して、自分の心を開くのも距離を縮めるのもじわじわと、とても慎重に進めるはずです。

なので一度心を開いた恋人がほかの男性のことを気にしていたら、「裏切られた」と感じて悲しみます。

また彼は、妄想することも多いです。

ちょっとしたきっかけから、あることないこと考えを膨らませて勝手に嫉妬してくる、なんてことがあるかもしれません。

そのうち本当に何もないのに、いきなり嫉妬してくることもあるでしょう。

嫉妬は、ほどよく適度に

嫉妬されるのは面倒くさくもありますが、反面ちょっぴりうれしくもなりますよね。

ですが「こんなことで嫉妬するなんてかわいいなあ」と思っても、エスカレートさせないように注意が必要です。

彼の嫉妬の気持ちが「束縛」につながっていくと、ふたりの関係性が悪くなってしまう可能性もあります。

「嫉妬は、ほどよく適度に」をお互いが意識できるよう、彼との間にルールをつくるのもよいかもしれません。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)