カップルのどちらかが一人暮らしをしていれば、家で過ごすことも多いもの。

そんなカップルにとって同棲よりも身近なのが「部屋の合鍵」をめぐる問題。

恋人が一人暮らしをしていたら「合鍵が欲しいな」と思うこともあるでしょう。

逆の立場で、合鍵を持っていてほしいという人もいますよね。

そこで今回は、カップルの「合鍵事情」をご紹介します。

彼の家に突撃するのはNG?カップルの「合鍵事情」

「合鍵=愛情」ではない

女性としては、彼から部屋の合鍵をもらうと本命彼女と認めてもらったようでうれしいですよね。

でも、いくら彼女が本命でも、付き合ってしばらくは鍵を渡さないという男性の声も。

プライベートにむやみに踏み込まないか、彼女が恋愛依存ではないか、鍵を渡しても大丈夫なくらい信頼できる相手か、いろいろ見極めてからでないとムリなんだとか。

また、自分の時間を大事にするタイプの人は、ひとりの時間を邪魔されないように合鍵は渡さず、一線を引いて付き合うこともあります。

「鍵を渡す・渡さないで相手の愛情の大きさをはかる女性は大ハズレ」という声もありました。

「ご飯作っておくね」のはNG

合鍵をもらったからと言って無断で彼の家に入りたい女性はそんなにいないはず。

「彼のプライベートな世界に入る許可をくれた」と思うだけで満足、たまーに「先に帰ってご飯作って待ってるね」なんてやってみたいな……というのが一般的かもしれません。

「彼に許可もとってるし、いいでしょ」と思いきや、これが意外な落とし穴に。

「今日は一人でゆっくりしたい」と思っても、彼女が「ご飯作りに行くね」というと断りづらいもの。

断っても、「なんで?なにかあるの?」と食い下がられてたりすると、たとえ会っても2人の時間がブルーなものになります。

彼が「今日はやめとこうよ」と言ったら深読みせず、サクッと撤退するのが円満のコツです。

いきなり突撃するのは嫌がられる

いきなり突撃するのは嫌がられる

合鍵を使い、サプライズで「来ちゃった」と彼の家を訪れる……そんなシチュエーションは意外に男性には不評。

やましいことはないけど、寝込みを突然襲われるような感じが嫌いという声が多く聞かれました。

単純にルーズな部屋の様子を見られるのが嫌というケースもあります。

普段から、誰が来てもいいようにしておくのが理想とはいえ、一人暮らしだからこそ気を抜いている時間もありますよね。

もらった合鍵で部屋を訪ねてなにが悪いの?と思っても、些細なことが喧嘩の引き金になることもあります。

鍵のあるなしにかかわらず、恋人の家に行くならぜひそのまえに一報を。

親しいなかにも礼儀ありですよ。

一定の距離感を大切に

合鍵を渡したり、相手の家に荷物を置いたりするのはとても便利。

でも、恋の終わりにはそれがトラブルにつながることも。

どんどん相手との距離を縮めたくなるときこそ、ゆっくり信頼を作ることを考えてみてもいいかもしれません。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)