彼から突然別れを告げられて、「訳がわからない」となったことはありませんか?

原因を探ろうにも、彼自身はもう完全に冷めきってしまっている。

そうならないためにも今回は、男性が「もうこの恋、終わりにしよう」と思ったきっかけを4つご紹介します。

このエピソードを反面教師にして、自分を振り返ってみてくださいね。

男性が「もうこの恋、終わりにしよう」と思ったきっかけ4つ

悪びれもなく悪口を言っていたとき

まるでいつもの愚痴のように、悪びれもなく他人の悪口ばかり言ってしまう女性っていますよね。

彼は愚痴を聞いているつもりが、人の悪口ばかり聞かされる状態に。

「いつも悪口ばかり言って回っている女性なのでは」と思われてしまいます。

他の男性と比較されていると感じたとき

たとえ表面的に物腰が柔らかい人でも、男性はとてもプライドが高いです。

付き合っている彼を「評価してもらおう」と友人と会わせたり、彼を褒めずに友人の彼氏の方をやたら褒めたり、元カレとの思い出ばかり語ったりしてしまうと、彼の心が離れるキッカケを作ってしまいますよ。

束縛されて窮屈なとき

束縛されて窮屈なとき

恋をすると気持ちが不安定になりがちな女性もいますよね。

でも彼が友人と連絡を取ったり、遊びに行っても全部「誰と?」「証拠見せて」「私も付いて行きたい」と彼にべったりしすぎると、彼は「息苦しい」と感じてしまいますよ。

彼も人間です。

あなたとの時間も大切にしていたいでしょうが、彼の別の楽しみも大切にしてあげましょう。

意見を否定されたとき

なにをするにしても「いや、違うと思う」「いやいや、こうしたら?」ばかり言う女性といると、男性は一緒にいて「楽しい・幸せ」と思えなくなります。

全肯定する必要はありませんが、彼の良さを認めていることをもっと声や行動に表しましょう。

彼との相性を見極めて

もちろんあなた自身も完全に彼に合わせる必要は無いですし、自我を封じる必要もありません。

無理なら「合わなかった」、「早めにわかってよかった」と思うことも大切です。

この恋が本当に終わってしまったとしても、この辛い経験を次回に生かしてやろうじゃありませんか。

(星井一乃/ライター)

(愛カツ編集部)