「隙がない女性」と聞いてどういう女性をイメージしますか?

いつもテキパキしていて笑顔を見せない、お誘いには絶対乗らない……そんなイメージがあるかもしれません。

自分を守るためには必要なこともありますが、あまりに隙がないと男性もひよってしまうかも。

そこで今回は、男性を寄せつけない「隙がなさすぎる」女性の特徴を4つご紹介します。

男性が諦めちゃう「隙がなさすぎる」女性の特徴4つ

話し方が淡々としている

話し方に抑揚がなく淡々としている女性。

本人にまったく悪気はないのですが「ぶっきらぼう」「冷たい」という印象から「なんかコワイ、近寄りがたい」と隙なく思われがちに。

抑揚を意識して楽しそうに話す練習をすることで改善されます。

ものすごく真面目

ずっと敬語で話す女性。

きちんとした言葉遣いは素晴らしいのですが、かしこまりすぎていると、「ビジネスモード」のように心を閉ざした距離を感じてしまいますよね。

2回3回と会ううちに、語尾を少し砕けた言い方に変えたり、ニックネームで呼んだりするなど工夫をすると良いでしょう。

ずっと無表情

本人は微笑んでいるつもりでも、周りから見たら無表情って方は意外と多いのです。

笑顔が少なく、表情が乏しく、反応が薄いタイプの女性は近寄りがたい隙のないイメージになりやすいです。

会話のキャッチボールができない

会話はキャッチボールのようなもの。

心地の良いラリーができると「受けいれられてる」と感じられます。

反対に、会話のボールを叩き落とすような女性は「拒絶されている」と相手に感じさせてしまようです。

たとえば、「趣味ある?オレは映画好き」「とくにないです」「好きな映画ある?」「映画観ないんです」「……」のように会話が終了してしまうと、近寄ろうという気持ちがパキパキに折られてしまいますよね。

多少の隙はあった方が魅力的かも

ドキッとした方は要注意。

しらずしらずのうちに素敵な恋を逃してしまっているかもしれません。

(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)