不倫するのはいけないことだと頭では理解しているのに、不倫に走ってしまう人はいるでしょう。

どんな理由があっても不倫はよくないですし、思いつきや何気なく軽い気持ちでの不倫なんてもってのほかです。

これからも間違った気持ちにならないよう、いま一度自分を振り返ることが大切かもしれません。

そこで今回は「不倫してしまいやすい女性の特徴」を紹介します。

思い当たったら、すぐ改善して…。不倫してしまいやすい女性の特徴5つ

彼氏がいない期間が長い

長く彼氏がいない女性は、男性の理想が高いケースが多く見られます。

そんな女性の前に現れた、理想的で素敵な才能を持った男性。あなたにとってはまぶしい存在に見え、家庭があったとしても諦めることができずズルズルと関係をつづけてしまうでしょう。

ポジティブに見えて、本当はネガティブ

もともとの考え方はネガティブ。でもそんな自分が嫌いで、ポジティブな自分でいようと頑張って演じている女性は周りにいませんか。

そんな女性は、自分で自分の価値を感じることができていません。

不倫をする男性は、家庭に不満や問題があり、満たされない部分を家庭外の女性に求めます。

自分自身に価値を感じていない女性はそんな男性に必要とされることで、偽りの存在価値を見出すのでしょう。

夫への不満がある

家庭が上手くいっておらず、その原因のすべてが夫にあると思っている女性。悪いのは夫であるという大義名分から、罪悪感なく不倫に走る場合があります。

「夫が不倫をしていることが分かった。でも別れることができない。じゃあ自分も……」という夫への仕返しで不倫に走ることもあるようです。

口癖が「男運がない」

口癖が「男運がない」

付き合う男性がことごとく浮気者だったりお金にだらしなかったり。にも関わらずすぐには別れず、ズルズル付き合ってしまう場合があるでしょう。

そして、そんな経験を周りに言って「私、男運がないんだよねぇ」と言う。そんな女性は男運がないのではなく、ズルい男性がタイプなだけです。

またその話をするときは、なぜかちょっと自慢気な場合も。そんな自分のまま問題ないと思っているのかもしれません。

思い込みが激しい

たとえばオーガニックの食べ物がよいと聞くと、それを食べつづける。こんな健康法がいいと聞くと、それをしつづける。

そして他人から否定的な意見を聞いても、聞く耳を持たない。

そんな女性が「私なら男性を変えられる。救ってあげられる。奥さんと別れて私といっしょになってくれる」と思い込んでしまうと、不倫を避けることができません。

心の隙間があっても…

このような女性達には、不倫という大きなリスクをおかしてでも埋めたい心の隙間のようなものがあるのかもしれません。

ですが不倫でそれを埋めるのではなく、別の方法を考えるべきでしょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)