付き合いだして半年も経つと、お互いの行動パターンや発言が読めてくることもあるでしょう。

じつは、交際半年は関係がマンネリ化したり、倦怠期になりやすい時期みたいです。

今回は、倦怠期にならないトキメキ継続法をご紹介します。取り入れれば、あの頃に戻ることができるかもしれません。

交際半年は倦怠期になりやすい!トキメキを継続させる3つの方法

付き合いたての日々を思い出す

付き合いだした頃を思い出すことは、気持ちが付き合った頃に戻る効果があるでしょう。

付き合いだした頃を思い出すには、二人で出会った頃の写真を見たり、思い出のエピソードを話したりするといいかもしれません

付き合い始めた頃のドキドキした気持ちや、気持ちが通じたロマンチックな瞬間を、もう一度共有してみましょう。

「ただ話を共有するだけで?」と思う人もいるでしょう。しかし、驚くほど、トキメキは戻ってくるようです。

また、話や写真の他には、思い出のデートコースをもう一度辿るのもときめくはず!

時間が経つほど、初心を思い出すことは大事になるでしょう。

適度な距離を置いてみる

二人の距離が縮まりすぎることも、倦怠期の原因の一つになるみたいです。

あまりベッタリといつも一緒に行動したりしていると、関係が「一緒にいて当たり前」の家族や兄弟のようになってしまい、トキメキが失われてしまうようです。

なれ合った関係にならないためにも、たまには距離を置いてみるのも有効な手段といえるはず。

距離の置き方は様々ですが、少しデートの回数を減らしてみたり、LINEなどのやり取りを控えてみたりしてみたりするのもいいでしょう。

一度距離を置いてから、いつも通りの会える関係の戻ると、何気ないことにトキメキを覚えたりして、新鮮に感じるはずです。

ちょっと距離を置いた分、会っている時間を大切にしたいと思えるようになるでしょう。

趣味の時間を大事にする

倦怠期にならないトキメキ継続のために、趣味を始めることも大事になるでしょう。

自分の趣味を持つことで、趣味の知識や趣味の仲間も生まれ、恋人の知らない一面が増えることにもなるはず。

自分の知らない一面がある人には、興味を引かれることもあるでしょう。それが好きな恋人ならなおさらみたい!

自分の趣味を持つことは、世界を広げ、より魅力的な人になれるでしょう。

また、趣味に打ち込む姿や集中する姿は、いつも二人でいる時とは違う一面に見えるようです。

趣味じゃなくても、勉強をして資格を取ったり、自分磨きをすることもトキメキを継続させるために有効な方法と覚えておきましょう。

新しい自分の一面を作ってみよう

倦怠期にならないトキメキ継続法は、自分の新しい一面を作ることかもしれません。

たとえば自分磨きを怠らなかったり、オシャレに気を使ったりするだけでも、トキメキは継続するはずです。

常に新しい知識を得たり、成長したりすることで自分を磨くことで、恋人にとってトキメキを覚える存在でいられるでしょう。

(愛カツ編集部)