いい雰囲気だと思っていた相手がいたのに、気づいたらその人はほかの人と付き合っていた……なんて経験ありませんか?

それは、知らない間にあなたが出している脈なしサインのせいかも知れません。

今回は、そんな恋愛フラグを折ってしまう「脈なしサイン」をシーン別にまとめました。

フラグ折ってるかも?気になる彼に「脈なし?」と思わせる行動4つ

出会いの場での別れ際が素っ気ない

せっかく出会って連絡先を交換してもそれっきり……こんなの出会ったうちに入らない!なんてよくあるケースです。

しかし、それは気付かない間に脈なし認定されていたせいかもしれません。

出会いの場ではお互いのことはよくわからないもの。

連絡先を交換しただけでは「みんなにも同じことしてるのかな?」と思われてスルーされてしまうことも。

だからこそ「あなたをちゃんと気に入っています」というサインを出しておくことが大事です。

「連絡してね!」と念を押すのもいいですが、LINEを交換したらその場ですぐになにか送っておくのも、相手が最初の一歩を踏み出すハードルを下げるのでおすすめです。

肝心なときにレスが遅い

好意を持った相手から「乗り気じゃないならもういいよ」と距離をおかれてしまう人がいます。

そんな人に多いのが、デートの約束を決めるとき、相手が日程を出してきたあとの対応がよくないケースです。

「○日か△日がいいな」というLINEが来たけれど、自分の予定が読めない……。

こんな時に予定が分かるまで返信しないとか、まだ予定が分からないとだけ送る、なんて対応はNGです。

いい加減な対応をしたくないだけだとしても、相手には「なんでここで既読スルー?」「予定が分からないって、行きたくないの?」と思われるだけです。

「○日になれば予定が分かるから、それから返事してもいい?」や「仕事の予定を見てから連絡するね」など、行く気があるという意思表示が大事。

いつも即レスでも、肝心なときに返信を遅らせていては「今までのこともみんな社交辞令か」と思われる危険性大です!

初デートで割り勘にこだわる

初デートでのお金のやりとりは悩みどころですが、あまり割り勘にこだわりすぎると「脈なしかな?」と思われる原因に。

女性側が割り勘にこだわってしまうのは、図々しいと思われたくない、という理由が多いようです。

でも、相手には「ごちそうさせてくれないのか。壁を作られている気がする……」という誤解を受けてしまうことも。

割り勘にこだわるのではなく、雰囲気を壊さないお金のやりとりをすることが大事です。

告白されそうなのにいつも通り

今日こそ、付き合うことになりそう!

そんな期待を抱いてデートに出かけたのに、何となく気まずくなって解散……こんな経験はありませんか?

実は「告白する気があったのに、土壇場で相手が脈なしだと感じてやめた」という人は意外に多いんです。

なんだか告白されそうな気がするけど、勘違いだったら恥ずかしいし、自意識過剰と思われたくないから……と意地になっていつも通りの態度をキープしていませんか?

それを見て「脈なしだから、言わせないようにしてるんだ」と感じてしまう人は多いものです。

受け入れる気がある場合は、距離を詰めたり目を合わせるなどして「聞く気があるよ」「受け入れるよ」というサインを出すべきです。

これだけでも「あのいい雰囲気はなんだったのかな……」なんて思いをすることが減るはずです。

一度自分の行動を振り返ってみよう

恋が実らないのは、相手が自分に気がないからとは限りません。

「勇気を出してもきっとダメだ……」こんな風に思わせてしまうのが原因かも。

勇気を出しているのは相手も同じですから、心を傷つける対応をしないよう、気をつけたいものです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)