「彼は私の気持ちを知ってるはずだけど、実際どう思ってるんだろう?」

……こんな風に感じた経験はありませんか?

今回は、女性からの恋心に気づいたものの、正直その気はなくて気まずい……という場合に、男性が言う「脈なしフレーズ」をご紹介します。

脈なし女性に対して、男性はどういうフレーズで「興味ないよ」と伝えてくるのでしょうか?

あきらめた方がいい?男性からの「脈なしフレーズ」3つ

1.褒め言葉を否定する

「カッコイイねとか、それオシャレとか、優しいねとか……好きな人以外に褒められてもそこまで響かないですし、建前ってありますしね、真に受けないようにしています。

脈なしの子に褒められたら、『そうかなー?』と否定することで、脈なしってことをやんわり伝えるようにしています」(28歳男性/旅行会社総務)

彼は、好きな人以外からの褒め言葉には過剰に反応をしないと決めているとのこと。

こちら側が距離を縮めるために言った褒め言葉を簡単に流されてしまっては、少々ツライところですが……それが「脈なしサイン」のようです。

2.「忙しい」を繰り返す

「なにを言われても、『忙しい』の一点張り。これに尽きます。

脈なしの相手に対しては、ずっとこういっておけば、相手から折れて諦めてくれます」(27歳男性/会社経営)

女性から誘って、「忙しい」と言われて断られることも多いもの。

何度誘っても「忙しい」と言われるようであれば、潔く身を引いたほうが無難かもしれません。

3.「無理かも」

3、「無理かも」

「変に期待させても失礼だと思うので、食事とかに誘われたら、そこはハッキリ『無理』と伝えます。ただ、一言で無理!というとカドが立つので、あー無理かも……っていう感じですね。

無理って言いきってるくせに、『かも』って言ってボカす、というか……。無理って言われて引かないような女性にはちょっと困っちゃいます」(25歳/外資系企業)

このように、「無理」と断りつつ、「かも」という不確定要素をにおわせる語尾で伝えるようです。

恋心を寄せる女性としては、「もしかしてOKなのかな」と期待してしまうフレーズかもしれません。

脈なしだと分かったら…

好きになった相手から脈なしフレーズが飛び出した際には、覚悟を決めたほうがよさそうです。

そのまま身を引くか、ダメだと分かって砕け散るか……女性の片思いは儚く美しいもの。

相手が脈なしかどうかを見極めるひとつの手段として、覚えておいてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)