男性といい雰囲気になり、このまま順調にいけば交際スタート……という状況にもかかわらず、あるところで急にストップし、もどかしい時間が続くことがあります。

せっかく盛り上がってきたというのに、男性が奥手で、あと一歩を踏み出してこない……。

そんな時には、こちらから自然にきっかけを作ってみてはいかがでしょうか。

彼をお家に誘いたい…!男性を自然に部屋に呼ぶ口実4つ

ネットが繋がらない

ネットの開通は、パソコンにコードやケーブルを繋げただけで済むものではありません。

ルーターの設置やWi-Fiの初期設定など、色々な作業が必要です。

パソコンには重要な個人情報もあるので、誰にでもは頼めない……そういった理由をつけて、お相手の男性を呼びます。

ああでもないこうでもないと2人で試行錯誤しているうちに、ますます距離も縮まっていくでしょう。

実家から仕送りが送られてきた

親からの仕送りがたくさん送られてきたタイミングで、分けてあげると彼を呼びましょう。

実際に送られてきていなくても、近くのスーパーでそれらしい商品を買っておけば問題なし。

可能なら自分の地元と産地が一緒にしておくとリアリティが出ますが、違っていてもそれほど気にはしないでしょう。

虫が出た

虫が苦手な女性は多いですから、男性も頼まれれば退治してくれる可能性が高いと考えられます。

虫であれば、頼まれた男性の身にも大きな危険が及ぶことは考えづらいため、お願いしやすいでしょう。

いつどこで出てくるのかという緊張感が、2人の結束を高めてくれるかもしれませんね。

棚を取り付けたい

棚を取り付ける位置は、女性の身長では少々困難な高い場所に設定します。

棚の取り付け程度の簡単な作業であれば、男性は手伝ってくれるでしょう。

終わったあとはお礼として、手料理を振る舞ったりするとさらにいいアピールに。

ちょうどお腹も空いていて、料理をいつもより美味しく感じてくれるというメリットもあります。

来てくれた彼にはおもてなしを

水道が詰まった、クーラーが壊れたなど、あまり専門的な問題だと業者を呼んだほうが早いと思われてしまうので、一般男性向きのほどよい依頼を用意してください。

来てくれたら、精一杯のおもてなしをするようにしましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)