デート費用は男性が全額払うか、それとも割り勘にするか。

この問題は、男性によって全然違う考え方を持っているでしょう。

今回は、デートで割り勘を提示する男性の本音について迫りました。

割り勘にする男性の本音…デート代の負担割合には意味がある?

デートの満足度でおごるかどうかを判断

男性が全額を払うか、女性に少し払ってもらうかどうかを判断するポイントは、デートの満足度です。

女性と過ごした時間で「楽しい」「癒される」プラスの感情が満タンになれば、気持ちも大きくなって、全額払ってしまおうという気分になります。

逆に、デートがつまらないと、「俺のこの貴重な時間が無駄になった」と思い、きっちり割勘にしたり、女性に少額を払ってもらったりします。

デート費用の割勘比率は、デートの満足度比率と思ってもらっていいかもしれません。

割り勘で「2回目のデート」がないことを意志表示

他の場面ではおごることも多く、収入も多い男性が割り勘を提示してきたら、それは「2回目のデートはない」という意志表示かもしれません。

男性のなかには、割り勘をすると女性にモテないと考えている人もいます。

それなのにあえて割り勘を仕掛けてくるのは、初デートで相性の悪さを実感したのかもしれません。

最初からデートは割り勘と決めている

いっぽうで、デートの満足度に左右されず、必ず割り勘にする男性もいます。

相手が彼女でも、割り勘は譲りません。

全額払う男性と比べると、ケチな印象を持つかもしれません。

しかし、このような男性はおかねの管理がしっかりしているので、結婚に向いているでしょう。

会計直前に化粧室に行こう

会計直前に化粧室に行こう

会計のタイミングが近づいてきたら、女性は席を外すといいでしょう。

「ちょっと化粧室に行くね」と声をかけて、男性に判断させる時間を与えてください。

もしも相手がデートに満足していて、スマートな男性なら、女性が席を外している間に会計を済ませているはずです。

満足度を問わず、必ず全額払う男性もいる

今回ご紹介したように、デートの満足度やこだわりで割り勘を提示してくる男性もいます。

しかし、ケチな印象を持たれたくない男性は、デートに満足していなくても必ず全額払うでしょう。

その場合、女性から「少し出します」と言われても、「次回、おごってね」とはぐらかすようです。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)