男性と親しくなることはできても、いつもなかなか恋愛関係にまで発展させることができない……。

そのようなお悩みはありませんか?

そんなときは、普段の言動を一度見直してみると、男性に与える印象を大きく変えられるかもしれません。

そこで今回は、男性に「女友達」としか思われない原因をご紹介します。

あなたは恋愛対象外?男性に「女友達」としか思われない原因4つ

1.「自虐ネタ」が多すぎる

いつでもノリがよかったり、話がおもしろい女性は、一緒にいて楽しい存在ではあります。

でも、度が過ぎると、男性は「女」を感じることができなくなってしまうもの。

とくに、自虐ネタが多かったり、下ネタも平気で言えるような女性のことは、恋愛対象としては見ることができないでしょう。

いくら場を盛り上げるためとはいえ、自虐ネタや下ネタ満載になってしまうと、「男友達」扱いされてしまうかもしれません。

2.距離が近すぎる

気になっている男性とは、なんとかして距離を縮めたいと思うものでしょう。

その考えは間違ってはいませんが、あまりにも近づきすぎてしまうと、恋人を通り越して「仲間」という存在になってしまいます。

仲間になると恋心は芽生えにくくなりますし、仮にちょっといいかもと感じても、恥ずかしさが生じたり、今の関係性を壊したくないという思いが邪魔をしたりもするかも。

適度な距離感は保っておかないと、「男女の関係」にはなれなくなりますよ。

3.ときめきを感じない

3.ときめきを感じない

やはり一緒にいてドキドキしない女性とは、どんなに気が合っても、どんなに仲良くなっても、そこから先へは発展できません。

「女」の部分を感じることができないと、男性の「男」の部分も働かなくなるので、ずっと関係性も平行線のままでしょう。

まずはわかりやすく、髪型やメイク、服装などの外見的な部分で、ときには女性らしさや色気を感じさせてみることが最も効果的。

いつもとのギャップに心を揺さぶられると、あなたのことを異性として意識するようにもなりやすいはずですよ。

4.受け身のままでいる

ガンガン攻めすぎると、男性には引かれてしまう可能性も高いです。

かといって、ずっと受け身のままの待つ姿勢でいると、恋はなかなか動き出してはくれません。

そもそもあなたが好意を持っていることに気がつかないでしょうし、最悪の場合、「俺には興味がなさそうだな」なんて思われてしまうことも…。

少なくとも好意を抱いていることはそれとなく示しておかないと、友達の状態からは抜け出せないでしょう。

恋愛のスイッチを入れて♡

いつも「友達止まり」で終わってしまう女性は、男性に「女」を感じさせる部分が弱いのかもしれません。

ときにはドキッともさせてあげないと、男性はなかなか恋愛のスイッチが入りませんよ。

頑張って一歩踏み出してみましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)