じつは片思いには、成就しやすい期間が存在します。

この期間を超えてしまうと、両思いになる可能性が一気に下がってしまうようです。

アプローチは戦略が大事!

今回は、ベストな片思い期間についてご紹介します。

恋が叶いやすい片思い期間って?

成就しやすい期間は2~3ヶ月

片思いが成就しやすい期間は、およそ2~3ヶ月です。

たしかに、そのくらい相手と交流していれば、お互いの性格や好みが分かってきますよね。

「鉄は熱いうちに打て」という言葉通り、相手の意識が冷め切ってしまわないうちにアプローチをすることが、片思いの成功率を上げるコツです。

長すぎると叶いづらくなる

なぜ、片思い期間が長すぎると叶いづらくなってしまうのでしょうか?

理由は、仲良くなりすぎてしまうからです。

完全に友達としてしか見られなくなってしまってからでは、そこから恋愛対象としてみてもらうまでのハードルが一気に高くなります。

アプローチは、自分が知り尽くされていない段階から始めましょう。

気の合う友達になる前に、恋愛対象として見れもらえるようにするのが大切です。

短すぎるのも叶いにくい

アプローチは早い段階から始めると効果的ですが、早すぎるのも危険です。

知り合ってから一週間や一か月でアプローチを開始してしまうと、ほとんど一目惚れと同じ。

短期間で急接近されてしまうと、男性からチャラい印象を持たれてしまう可能性があります。

また、お互いに性格を知らなすぎる段階で動いてしまうと、お付き合いを始めた後に「思っていた感じと違った」「考え方が合わない」などと、後悔してしまうかもしれません。

本当にベストな期間は相手によって違う

本当にベストな片思い期間は、相手の状況によって変わります。

もしも、相手に彼女がいる場合は、下手にアプローチしても逆効果です。

その場合は、長く待ってみるといいでしょう。

相手の状況を考慮したうえで、戦略的に進められといいですね。

(愛カツ編集部)