人付き合いで悩むことはありませんか?

仕事、友人知人、家族など、私たちの生活は人付き合いで溢れていますよね。

口下手でシャイといった性格の場合、コミュニケーションを取ることへの苦手意識が強く、人付き合いに苦労してしまうことも多いのでは。

そのため、好きな人がいても自分から話しかけることができず、距離が縮まらないことも……。

そこで今回は、好かれるコミュニケーション術を3つご紹介します。

恋愛にも活かせるので、参考にしてみてくださいね。

恋愛にも活かせる♡好かれるコミュニケーション術3つ

1.感謝と謝罪の言葉を忘れない

相手になにかしてもらったら、それがどんなに些細なことでもお礼を言うことは大事ですよね。

反対に悪いことをしてしまったと思ったら、謝罪の言葉を言うことも欠かせません。

一見当たり前のように感じるこれらの行動ですが、普段からいい慣れていないとなかなか実践するのが難しいものです。

彼との関係も案外こうしたひとことが言えるかどうかで、付き合いが長続きするかどうか、左右されてしまうのかもしれません。

あなたが少しでも「ありがとう」「ごめん」と思ったことは素直に口にして、相手との意思疎通を図りたいですね。

2.目が合ったら挨拶をする

知り合ったばかりの関係だと、なにを話したらいいのか困ってしまいますよね。

だからと言ってなにも話さないのも、関係によっては気まずい雰囲気になってしまいそうです。

そんなときに便利なのが、まず挨拶を徹底することです。

コミュニケーションが苦手と感じる人ほど、日頃からコミュニケーション不足の傾向にあるようです。

たとえ相手のことを嫌っていないと思っていても、相手のことを嫌っているように映ってしまうことが少なくないのだとか。

そのため、「おはよう」「お疲れ様」といった言葉をかけてあげるだけで、相手はあなたが自分のことを嫌っていないことがわかって安心しそう。

そこから会話が生まれて、ふたりの距離が縮まるチャンスも大いに増えるでしょう。

3.笑顔でいることを意識する

相手とのコミュニケーションを図るうえで、外せないポイントがやっぱり笑顔です。

彼とのやり取り中でも、ブスッとした無表情では「俺、なにかしちゃったかな?」と、彼は気にしてしまいそう。

笑顔を意識できていると、普段の生活でもコミュニケーションが円滑に進んでいきます。

それだけではなく、あなたの笑顔に異性の魅力を感じて、興味を惹かれる男性も出てくるかも……。

笑顔は人の心をホッとさせるので、ふたりの関係が浅いときこそ、笑顔で会話を補填すると良さそうです。

自分では笑顔でいると思っても、周りから見ると笑顔に映っていない場合もあります。

日頃から人と話すときは練習だと思って、笑顔を意識できると人付き合いがもっと良好になるかもしれません。

人間関係を円滑にするために

世のなかには価値観や意見の違う人がたくさんいるので、人間関係に苦労してしまうことは山ほどあるもの。

それでも少しでも身の回りの人間関係を良好にするために、ちょっとこうしたポイントを意識できるといいですね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)