長く付き合っていた彼氏から振られると、とてもショックですよね。

大好きだっただけに、傷はなかなか言えないもの。

そこで今回は、大失恋から立ち直る方法をご紹介します。

大好きな彼から振られた!大失恋から立ち直る方法

自分と向き合ってみる

たとえば挫折という言葉は、この世のなかで頻繁に語られますが、挫折というものは本当はありません。

なにかに失敗した経験や、得たい成果を得ることができずに精神的に腐った状態を挫折と言いたい気持ちはわかります。

「じぶんは本当はなにに向いているのか?」とか「自分の努力の方向がまちがっていたのではないか」という、いい意味での振り返りをするきっかけが「挫折」です。

つまり新しい自分になれるきっかけを神様が与えてくれた、ということ。

失恋もおなじです。

もっと素敵な人と出会うために、神様はあなたを彼から引き離したのだと思いましょう。

「時間が解決する」と思い込む

失恋からの立ち直り方として、友だちと遊びに行くとか、新しい恋をするなどといった方法があるそうです。

しかし、それができれば世話はない……と思ってしまうでしょう。

失恋は、交際期間の1/3のときが過ぎれば、自然と癒えるもの。

たとえば3年彼とつきあったのであれば、1年ちょっと過ぎれば、失恋から立ち直れるのです。

彼の嫌な部分を考える

彼の嫌な部分を考える

失恋直後は、「あんなに素晴らしい彼氏はほかにいない」と思うのかもしれません。

ですが、冷静に見るとどんなに素晴らしい彼氏にだって、どんなに素晴らしい恋愛にだって、ネガティブな面はあります。

たとえば「彼はかっこよかったけれど、キレやすい性格だった」とか「彼は勤勉で努力家でしっかり者だったけど、わたしにまで無理な努力を強制してくる男だった」とか、彼のイヤなところって、あるはずなのです。

彼のイヤな面を数えていくうちに「彼より素敵な男性は絶対に世のなかにいる」と思えてくるようになります。

失恋の傷はいつか癒える

失恋はとてもつらいですし、忘れられないですよね。

ですが、失恋はきっとあなたにとって「必要なこと」だから起きているはず。

必要のないことは、人はどんなに経験したくても経験できないんですね。

あなたにとって、なぜ失恋は必要だったのか?過ぎゆくときがその答えを見せてくれるでしょう。

彼のイヤなところを数えているうちに、その答えが見えてきます。

答えが見えてきたら、もっと素敵な新しい自分になりたいと思えてくるようになりますよ。

(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)