恋したいけど、デートのきっかけがなかなかつかめない……と感じていませんか?

今回は、男性にお誘いを受けやすい女性の特徴から、魅力アップの方法についてお伝えします!

普段、男性に対してよく使っている社交辞令をデートへとつなげるテクニックなので、すぐに使うことができるはずですよ。

社交辞令がデートにつながる?…デートに誘われやすい女性の特徴

小さな変化によく気づく

髪型を変えたときや、新しいアクセサリーを身につけたときなど、小さな変化に気づいてもらえると嬉しくなりますよね。

じつは男性も、小さな変化に気付いてもらえると嬉しくなるようです。

たとえば、職場にあなたの気になる男性がいたとします。

もしその男性のデスクに置いてある小物が増えていたら、「これ、いいですね!」と褒めてあげてください。

もちろん「髪切った?素敵になったね!」や、「その髪色、似合ってる!」など、外見を褒めるのもOK。

基本的には、小さなことに気がつける女性は、男性からのアプローチも増える傾向にあります。

褒め言葉にプラスαがある

褒めることはモテの基本ですが、もう一歩踏みこんで言葉を添えれば、好感をもたれやすいようです。

たとえば「いつも仕事が丁寧だから助かってるよ~」「気づかいができる男性ってステキ」などと褒めてあげるといいかもしれません。

たとえ小さなことでも、彼自身も気づいていない魅力を伝えてあげられる女性は、もっと一緒にいたい……と思われやすいはずです。

個人的な話ができる

個人的な話ができる

人前では言えないことでも、ふたりきりだからこそできる話題があれば、相手の男性は心を開きやすくなります。

個人的な話ができる相手とは、もっと話したいと思うものですし、ふたりだけの内緒話をしているような感覚にもなりやすいものです。

たとえば、ふたりが共通で関わっている上司や先輩の話になったら「先輩って意外と虫とか雷とか苦手で、可愛いところあるよね~(笑)」などと冗談っぽく言ってみるとか。

気になる彼とオフレコな会話で盛り上がることができれば、デートに誘われる確率もアップするでしょう!

感謝の言葉から話題を発展させる

男性からなにかしてもらったり、おごってもらったりしたときは、感謝の言葉を伝えますよね。

この言葉から、自分が好きなものや気になっていたものなど、プライベートの話題に発展させてみるのはいかがでしょうか。

たとえば男性から飲み物をもらったら、お礼と合わせて「じつは私、○○が好きで~」や、「そういえば、○○はまだ飲んだことがない!」など話を広げてみてください。

そこから「俺も飲んでみたいな……」という流れになれば、デートに誘われるきっかけになるかもしれませんよ!

普段の会話から誘われ上手になろう

会話はできているのに、なかなかプライベートな関係に発展しない……とお悩みなら、もう一歩踏みこんだコミュニケーションを試してみてもいいでしょう。

お互いがリラックスして話せる雰囲気づくりを意識して、デートに誘われる女性を目指してみてくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)