好きな人との会話は短時間でも嬉しいですが、せっかくなら、好印象を持ってもらいたいはずです。

そこで大事になるのが「視線」でしょう。

今回は、相手を惹きつける会話をするために必要な「視線」について詳しく紹介をします。

恋愛成功のカギは「視線」にあり!気になる彼を惹きつける3つの方法

伏し目は照れてるように見えるかも

視線を下へ落とす「伏し目」は一見目をそらすのと同じようにも見えるでしょう。

しかし、「伏し目」は、謙遜を表している目でもあり、相手からすると、照れて緊張しているような見え方にもなるようです。

好きな人の前では、照れている気持ちを表すために伏せ目になって、「緊張している」「照れている」と言葉にしてみてください。

きっと、かわいくみられるはずです。

ジーッと見つめすぎない

相手を見つめることは大事ですが、単純にジーッと見つめるのは相手に恐怖感を与えてしまうのでやめましょう。

目を直接見つめるのではなく、相手のアゴや首あたりを見ているようにすると、意外と目が合っているような気持ちになるみたい。

相手からすると、強く見つめられてはいないが、そらされてもいないという絶妙な見られ方になるようです。

まずは、アゴや首あたりを見て、時々チラッと目を見つめてみましょう。

そして、相手と目が合ったり、相手があまり目をそらさないようであれば、しっかり目を見て会話ができると、信頼関係が生まれるはずです。

視線で相手の好意が分かるる

「自分は結構話しているけど、相手は興味を持って聞いてくれているのかな?」と会話の最中に気になることもあるでしょう。

そう思ったら相手の視線とその方向をチェックしてみてください。

相手が、視線をちょくちょくそらしながらも、繰り返しこちらを見てくれているなら大丈夫でしょう。

もし、そらす時間が長く続いたり、視線が合わない場所を見ていたりする場合は注意が必要かもしれません。

相手が退屈しているか、聞いていない可能性が高いです。

また、視線以外でも、会話の最中に手で髪や顔を触ったり、何かをいじったりするのも退屈のサインみたい。

そんなときは、別の話題にする、質問をしてみるなど、会話の流れを変えてくださいね。

視線をうまく利用しよう!

好きな人との会話は、あごや首のあたりを見る適度な見つめ方から始めて、徐々に目を合わせるようにしましょう。

会話中に相手の視線や方向をチェックして、退屈していないか確認してください。

「目は口ほどにもの言う」という言葉があるように、視線次第で相手が何を考えているのかは分かるはず。

人の脳を占める情報の8割は、「目」から入るものだそう。

それは恋愛においても同じみたい。

つまり、視線は恋愛をするうえで、非常に重要なポイントですよ!

(愛カツ編集部)