残念な事に誕生日を忘れてしまう男性はたくさんいるみたいです。

大切な日をお祝いしてほしいというのに、何事もなかったかのように一日を進められてしまうと悲しいですよね。

誕生日に対する気持ちの差は、多くの女性を悩ませる一つの種ともいえるでしょう。

正直なところ、百歩ゆずって付き合っていないなら良いとしても、付き合っているのなら誕生日くらいは覚えていて欲しいもの。

そこで今回は、大切な誕生日が、悲しい日にならないように「誕生日をお祝いしてもらう方法」をご紹介します!

「その日」を意識させて!彼に「誕生日をお祝いしてもらう方法」って?

「今日は何の日だと思う?」

日にちを言っても思い出さないのは重症でしょう。

二度と忘れないように今日が何の日か、しっかりと教えてあげてください。

「何の日だと思う?」と聞いても答えられない場合は、あなたも怒りMAXでしょうが、ここからの対応がとても大事なようです。

大切なあなたの誕生日が喧嘩で終わってしまわないよう、彼の「ごめん」の一言で、少し気持ちを落ち着けて許してあげましょう。

そこからは、あなたが主役になれるはず! めいっぱい豪勢にお祝いしてもらって下さい。

「今日って何日だっけ?」

残念ながら当日になっても忘れている場合は、タイミングを見ながらラストチャンスをあげましょう。

「今日って何日だっけ?」と尋ねてみてください。

意外と日にちでハッとなる男性は多いみたい。

ここで思い出したときの彼の顔は結構笑えるはずです。

思い出に撮影していてもいいかもしれませんね!

そして、お詫びに好きなものをいっぱい買ってもらいましょうね。

来週の○曜日何してる?

来週の○曜日何してる?

サプライズをするために「忘れたふり」をされている可能性も無きにしも非ずですが、誕生日直前まで、何のアポも取られない場合は忘れられている可能性が大です。

こちらは、そんなときに彼氏や、良い感じの彼に使えます。

思い出させるチャンスをあげましょう。あえて日にちは出さず「来週の○曜日何してるの?」と聞いてみて下さい。

これで思い出せば、たとえ先約が入っていても、仕事など、よっぽど重要な用事以外は慌ててキャンセルするはずです。

もし彼が思い出せない場合でも、とりあえず当日のデートの約束をしておきましょう。

割り切って広い心で受け止めよう

「誕生日を忘れるなんてありえない」、「もう私の事好きじゃないの?」言いたいことはたくさんあるでしょう。

しかし、男性は記念日を忘れてしまう生き物だと割り切って、大きい気持ちで受け入れてあげましょう。

普通なら激ギレしてもおかしくない状況を、優しく対応してあげることで、彼はきっと「彼女があなたで良かった」と思うはずですよ!

(斎藤奈々子/ライター)

(愛カツ編集部)

●一生幸せ!男性が「本命彼女との記念日」に見せる言動