せっかくお互いが好きになって付き合い始めたのなら、彼にはずっと好きでいてほしいですよね。

しかし、付き合ってはみたけれど「なんか物足りない」と思われる女性は、決して少なくありません。

そんな風に感じられてしまうと、男性が別れを意識するのも時間の問題です。

悲劇を生まないためにも、今回は男性が「物足りない」と感じる女性の特徴を紹介します。

悪い子ではないけど…なぜか「物足りない」と思われる女性って?

常に達観している

「人生においても恋愛においても、達観し過ぎた視点を持っている女性は、付き合っていて物足りなくなります。

そういう女性と付き合っていると、なんかお寺にいるみたいな気分になるんですよ。

話が盛り上がらないというか、『どうせ○○なんでしょ』みたいな結論にいつもなっちゃいます」(30歳男性/自営)

悩みはないほうがいいですが、あまりにも達観していると、男性はつまらなさを感じてしまうようです。

こういう女性はドキドキするような恋愛より、落ち着いた夫婦の関係のほうが合っているのでしょう。

達観してしまうのは仕方がありませんが、それを全面的に相手に見せてしまうのは、恋愛の戦略としてはおすすめしませんよ。

いつも受け身でいる

「デートの場面でもLINEで話をしても、いつも受け身な姿勢の子とは長く続きませんね。

喜んでくれているのか理解しにくいから、つまらなくなるんだと思います。

男は好きな女性を楽しませたいって気持ちが強いですから」(29歳男性/コンサルティング)

デートの行き先を決めたり食べたいものを決めたりするときに、いつも相手に任せてしまっていませんか?

もしそうなら、「次のデートは○○に行きたい」など自分から提案してみましょう。

自己主張をすることは決して悪くありませんよ。

外に出ようとしない

外に出ようとしない

「自分はあまりアウトドア派ではありませんが、彼女とはたくさん旅行とか行きたいって思います。

なのに、旅行に誘っても行きたくないって言われたり、デートも家の近くで済まされたりすると、なんか物足りないです。

もっと冒険して、新しいことたくさんしようよって言いたくなります」(28歳男性/教育)

インドア派なあなたは、もう少し外に出ることを意識してみましょう。

少なくともデートで出かけようと言われたら、よほどの事情がない限り断らないことがおすすめです。

もしお家デートしかしたくないなら、お家デートでもマンネリしない方法を見つける必要があります。

彼の表情をチェックしよう

自分はいい関係だと思っていても、男性は物足りなさを感じている可能性があります。

彼の表情が楽しそうでなければ、何かしらアクションを取りましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)