LINEの既読は、相手がメッセージを確認したことが分かる便利な機能。

LINEは、彼との距離が縮まる場合もあるけれど、うまく思いが伝わらず「返信したくないな……」と、思われてしまう場合もあるようです。

そこで今回は、男性が思わず「既読スルー」してしまいたくなる、重い女性だと思われてしまうLINEの内容についてまとめてみました。

自分でも気づかないうちに、こんなLINEを彼に送ってしまっていませんか?一緒に、チェックしていきましょう!

思わず「既読スルー」してしまいたくなる!重い女認定LINEとは

「好きなら〜してほしい」で相手を責める

「今の彼女が、けっこう自分のして欲しいことを僕が出来ないと、すぐ文句を言うタイプで……。しかも『好きだったら迎えに来てよ』とか『好きだったら疲れてても電話に出てよ』とか、責められることが多くて。

自分のルールを押し付けられるのはキツイ……と思って、たまに気付かなかったことにしてスルーしてしまいます」(25歳男性/公務員)

普通にお願いするだけなら、ちょっとくらいのワガママは可愛らしいもの。

でも、「好きなら出来るはず」という言い方をくっつけてしまうと、言われたほうはプレシャーに感じてしまいますよ。

「私より〜がいいの?」など比べて詰め寄る

「全く異性として見ていない女友達がいるんだけど、その子と話すことも彼女は快く思っていなくて。

何かというと、『どうせ私よりああいう子といる方が、楽しいんじゃないの』とLINEが来て、なんだか面倒になってしまったことがありました」(27歳男性/医療系事務)

こういう言い方をする女性は、「君のほうが大事だよ」と彼が言ったとしても、きっと納得はしないでしょう。

「どう返しても納得してくれないんだろうな」と彼に思わせてしまうと、連絡を取ることさえも面倒に思われ既読スルーされがちです。

「ねぇ聞いて」「なにしてたの?」から始まるLINE

「彼女から『ねぇ聞いて』とか『今からなにするの?」ってLINEが来ると、ビクッとしちゃいますね。
ゆっくりしたいときも当たり前にあるので。

彼女の愚痴ばっかり聞かされるのも辛いです」(29歳/不動産会社営業)

後ろ向きな内容ばかりになってしまう愚痴は、「ただ聞いてもらいたいだけ」だったとしても、言われた方も重い気持ちになってしまうもの。

また、「これからなにするの?」といった行動をチェックするような内容も、疲れているときや忙しいときは既読スルーしてしまいたくなるもの。

LINEの方が、気軽にネガティブ発言をしやすいというのはあると思いますが、言われた方は重く受けとめる可能性があるのを忘れずに。

LINEを送信する前に一旦チェックしてみよう

男性が「重い」と感じて既読スルーしてしまう例をご紹介しましたが、必ずしも重い女性がダメだということではありません。

ただ感情的になって、一方的に彼に気持ちをぶつけることが問題なのです。

しかし、自分の素直な感情を真面目に伝えても、それを既読スルーしてしまうような男性だったら、付き合っても長続きしない可能性が高いでしょう。

注意したいことは、LINEだからこそ誤解を招いてしまう場合があるということです。

送る前にLINEを読み返したり、友達に「これって彼に送ったら重すぎる?大丈夫かな?」と、確認してもらったりしてから送信するなどしてチェックしてみましょうね。

ワンクッション挟むことで、「送らなきゃ良かった!」を避けられますよ。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)