近頃、恋愛に奥手な男性が増えているみたいですね。

「なかなか自分からは行動を起こさない彼に、なんとかして告白させたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたに今回伝授したいのが、「告白しやすいムード作り」です。

さっそくチェックしていきましょう。

告白してもらうために…意識しておきたい「ムード作り」3つ

上目遣いで落ち着くアピール

ちらりと上目遣いで彼を見上げて、「なんでかな、○○くんの隣落ち付く……」と言って、照れたように笑ってみましょう。

気になる女性からの、ここまで分かりやすいサインを見逃さない男性はいないはず。

「落ち着く」に「一緒にいたい」という気持ちが伝えられる言葉なので、男性も喜んでくれるでしょう。

また、「楽しい」とか「時間があっという間だよ」なんて言葉も喜ばれるはず!

彼のタイプに合わせて、嬉しくなりそうな言葉を選んでみましょう。

ムードのある場所に行く

人間は、夜になると気が大きくなる習性があるようです。

そこで、夜景が見えるスポットや、夜まで開いている遊園地などに一緒に行ってみましょう。

ちょっと大胆になった彼から、何かアクションがあるかもしれません。

デートは昼から夜までのコースにしたり、レストランは照明が抑えられた雰囲気の良いところを選ぶことがおすすめです。

ふたりっきりになれる場所に行く

ふたりっきりになれる場所に行く

大勢の人がいる前での告白は、結構ハードルが高いはずです。

そこで、まずはふたりっきりになれる状況をつくってあげましょう。

デートや飲み会の帰りなどでも良いかもしれません。

誰にも介入されることがない状況をつくることがポイントになるはず!

軽く触れてみる

言葉がダメならボディタッチで勝負しましょう。

そっと寄り添ってみたり、手に触れてみたり、座っているシーンならふとももに手を置く、肩にからだを預けてみる、など直接的ではないスキンシップをとることで、告白しやすいムードは作れるはずです。

スキをみせてあげる

お酒のある席だったら少し甘えるようにしたり、少しおぼつかない感じになったりと、相手「にほっとけない」と思わせるスキをつくりましょう。

止まらないマシンガントークよりも、テンポをゆっくりとしゃべり、間をつくってみるのもいいかもしれませんね。

ムードをつくって告白させよう!

告白は、とてもドキドキすることでしょう。

そのため、できれば男性からして欲しいと思う女性は多いはず。

しかし、彼が奥手な場合、なかなか告白まで踏みきれない可能性は高いでしょう。

もし、気になる彼が奥手な場合は、女性が「告白しやすいムード」をつくってあげましょう。

(愛カツ編集部)