恋愛を進展させるには、LINEのやり取りで仲を深めることが効果的です。

しかし送るLINEの内容によっては、むしろ逆効果になるケースも少なくないようです。

本記事では、男性が返信に困るダメLINEをご紹介していきます。

以下のような内容を送っていないか、振り返ってみましょう。

既読スルーの原因にも…!男性が返信に困るダメLINE

彼にとって興味のない話題

「LINEしてくれるのは嬉しいけど、料理とか仕事の話じゃ面白くないんですよね。いつもスポーツやお笑いの番組を見ているから、一緒に盛り上がれないかな」(25歳男性/公務員)

どんなにマメにLINEを送っても、男性にとって興味のない内容だと「つまらない」「面倒くさい」と思われやすいです。

自分の話したい話題を選ぶ女性ほど、こうした状態に陥りがち。

とはいえ相手がどんな話を好きなのかは、本人に確認してみないと分かりません。

早い段階で彼に質問することで趣味関心を聞き出して、楽しんでもらえる話題を考えましょう。

ひとり語りが多い

「その日の報告LINEが毎日届くけど、日記だと思っているのかな?
どうしたらいいか分からないから、適当に『すごいね』『良かったね』って返しています」(31歳男性/飲食)

LINEで送るネタがないと、つい自分の話をしてしまうことも。

しかし、相当好きな女性からのLINEでないと「楽しい」「ワクワクする」とはなりませんよね。

男性が夢中になっていない状態では、彼の目線に近いメッセージを送ることが重要です。

適度に質問をして、一方的なLINEにならないよう気を付けましょう。

また、質問するうちに彼の反応が良い話題が見つかったら、掘り下げたり丁寧に相槌を打つと、自然と彼主体の会話が続くようになりますよ。

馴れ馴れしいorよそよそしい

馴れ馴れしいorよそよそしい

「LINEだとテンションが高くて、平気でタメ口を使ってくるんです。でも一応僕は先輩だし、もうちょっと丁寧な言葉を使ってくれないかな」(27歳男性/IT)

あまりに馴れ馴れしいと「失礼だな」と感じて引いてしまい、反対によそよそしいと「壁を感じる」と気を遣わせてしまいます。

相手が年上や目上の場合は、極端に言葉遣いをくずすことなく、明るい内容や絵文字・スタンプで印象をやわらげましょう。

また年齢が近かったり、相手が砕けた言葉を使ってくれている場合は、思い切って敬語などをやめることも大切。

LINEは受け取った側のリアクションが目で見えないからこそ、このズレが起きてしまいやすいです。

相手との関係性や距離感を参考に、送るメッセージを見返してみましょう。

リアクションが雑

「『ウケる』とか『わー!』だけ送られても困ります。雑に返信されている感じがするし、会話を続けにくいじゃないですか」(28歳男性/経理)

せっかく返信しても女性からのリアクションが微妙だと、送る意味を見出せなくなります。

とくにこちらの男性の意見のように、一言だけで返すリアクションは不評みたい。

たとえば「ウケる」は「〇〇君って話し上手で面白い」「すごい、それでどうなったの?」と送れば、話題をふくらませやすいですよね。

LINEでは対面のとき以上に、わかりやすく積極的になることがコツ。

男性が一目で返信内容を連想できるメッセージを意識しましょう。

工夫次第でLINEの返信率は変わる!

今回ご紹介した項目のように、ちょっとの工夫が男性からの返信率を大きく変えます。

NGなLINEを減らすことはもちろん、男性目線に立った内容を送れるようになると、さらに恋愛のチャンスが増えるように。

一見難しそうなLINEではありますが、一度慣れてしまえば大丈夫です。

男性からの返信が微妙なときは、いろいろな工夫を取り入れてみてくださいね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)

【実際の意見】既読スルーしたくなった「重いLINE」