「いけないと知りつつも惹かれる……」

不倫にハマりたくないのに魔が差してしまったことはないでしょうか。

そんな女性、実は多いのです。

「不倫に発展する前にやめたい」と思っているあなたに、「不倫を回避するためのショック療法」をご紹介します。

不倫を全力で回避!覚えておきたいショック療法

リスクを想像する

悪いことと知りつつやってしまう人は不倫発覚時に、「そこまで考えてなかった」と呆然とする人が殆どです。

ダイエット中でも目の前にケーキがあると、つい食べてしまうように、人間は長期的なメリットよりも短期的な誘惑に弱い生き物。

そこで、短期的な誘惑に打ち勝つために「想像力」を活用しましょう。

まずは、不倫がバレた時のあらゆる最悪をリアルに思い描きます。

以下は知人からリサーチした「実際に起こったトラブル」のご紹介です。

実際に起きたことなので、どうぞご自身に置きかえて想像してみてくださいね。

あなたに夫と子供がいるケース

・夫からは離婚を突きつけられ、多額の慰謝料を請求されます。

・子どもは夫と暮らすので会えなくなります。

・離婚沙汰になった瞬間、不倫相手は「割り切った関係だった」と音信不通に。

・子どもからは「家族を裏切った最低な母親」として見られます。子どもの心に深い傷を残します。

相手に妻子がいて、あなたは独身のケース

相手に妻子がいて、あなたは独身のケース

・奥さんから訴えられ、あなたは何百万円もの借金を背負います。

・奥さんがあなたの会社に乗り込んできて、あなたがいかに酷いことをしたかを涙ながらに訴えます。そして奥さんは身体を壊してボロボロに。

・あなたは会社で「浮気女」として陰口を言われます。他人を病ませた女として扱われます。あなたは上司から呼び出され、退職をほのめかされます。会社の居心地は最悪です。

・奥さんはあなたの両親にも連絡をし、あなたの両親は、「人さまの家庭になんてことを」と大変なショックを受け、あなたを責めます。

・奥さんにバレたとたん、それまで優しかった彼は連絡が取れなくなります。

不倫をさけるためには

リアルに想像できたでしょうか?

惹かれてしまう気持ちは止められなくても、実行にうつすことを「選択しない」という選択ができるかが大事です。

どれだけのものを失う可能性があるのかリスクをしっかり想像してみることで、必ず不倫を踏みとどまることはできます。

そして、不倫をさけるために、「そもそも2人にならない」、「不倫は絶対しないと周知しておく」など、前もって深入りしない予防策をとることも効果的です。

(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)