大好きな彼を思う気持ちが強すぎるあまり、連絡を多くとったり、行動をチェックしてしまったり…そんな経験はないでしょうか。

その行動、男性にとっては「ちょっと重たい」「束縛されている」と感じてしまう、嫌なことかもしれません。

今回は、ついついやりがちな「男性が彼女にされると嫌なこと」を3つご紹介します。

彼との関係を壊してしまわないためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

これも束縛?男性が嫌がる彼女の重たい行動3つ

 

連絡を強要する

「今どこにいる?」「なにしてる?」「誰と一緒にいる?」

彼のことが大好きなあまり、自分の隣にいない時の彼の行動を把握したくなることもあると思います。

また、女性は相手の愛情の大きさを連絡の頻度から判断する傾向が強いこともあり、ついつい男性に連絡を強要してしまいがちです。

しかし、男性は連絡を強要されてしまうと、途端に彼女への連絡が「したいこと」から「しなければならないこと」に変わってしまいます。

人は「しなければならない」と思うほど行動するのが億劫になってしまう生き物。

男性に「彼女に連絡するのが億劫だ」と思われない為には、常に「連絡はしてくれたら嬉しいけど、無理はしなくていいよ」というスタンスでいるようにしましょう。

携帯をチェックする

「彼の携帯の中身を見たい」「誰とどんな連絡を取っているのか知りたい」

そんな気持ちに支配されてしまうこともあるでしょう。

しかし人は携帯の中身を見られると、やましい事が何もなかったとしても、なんだか構えてしまったり緊張してしまうもの。

恋人関係を良好に維持するためには相手に癒しを与える必要があります。

それなのにいつも「携帯見せて」「浮気してないよね?」「私を安心させて」などと言ってくる彼女に男性は癒されるどころか警戒してしまいます。

携帯はパーソナルスペースの一部です。

彼を心から大切に思っているのであれば、彼を疑って携帯をチェックする行為は控えましょう。

 

SNSをチェックする

SNSをチェックする

SNS上ではその人の行動や考え、交友関係など様々な情報を入手できます。

付き合うまでは彼の好みを探ったり、価値観や世界観を理解するためにはとても有益です。

一方で彼女という立場になった時、SNS上の情報が「嫉妬の種」に変わってしまうこともあります。

誰かと一緒に写っている写真、過去にやりとりしたコメント、友達やメンバー。

あなたが「この人と友達でいないでほしい」とか「この人にイイネしてほしくない」と思っても、その選択権は全て彼本人にあります。

SNSは携帯と同じくパーソナルスペース。

彼にとって彼自身が望むように振舞える場所でなければいけません。

彼のSNSをチェックして口を出したくなってしまうのなら、そんな時は見るのをやめるのが一番です。

それも難しいなら思い切ってSNS上で彼との繋がりを切るのもありでしょう。

大切なのは現実世界で彼と繋がり続けることであって、SNS上で彼を思い通りに操作することではない、ということを肝に銘じておきましょう。

良い関係を長く続けるには

大好きな彼と長く一緒にいるためには、男性が嫌がることはやめた方がいいですよね。

男性は自分を信じて自由を与えてくれる女性を最終的に選ぶものです。

相手が息をつける空間を意識的に確保してあげることが、パートナーと長く良い関係を保つ秘訣なのかもしれません。

(杉子/ライター)

(愛カツ編集部)