「隙のない完璧な女性はモテない」という話、一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

実際に、天然っぽい女性は男性からの人気が高いようですよね。

しかし、男性に愛される抜け方ってどんなものなのでしょう?

今回は、男性が求めている「ちょい抜け女性」のポイントをご紹介します。

完璧よりも…男性が求める「ちょい抜け女性」のポイント

ちょっとドジな一面

女性のドジな一面も、かわいらしさを感じられるちょい抜け。

「職場にお弁当を作ってくる女の子が珍しく外に出ようとしていたので声をかけたら、『今朝駅までダッシュしてたら転んで、お弁当ぶちまけんたんです…』と。

仕事では落ち着いているから、なんか意外でかわいかった。それ以来、ドジな部分をたまに見るようになってついからかいたくなるんです」(27歳/SE)

おっちょこちょいな面を見ると、ついからかいたくなったり何かと気になったりするようです。

周りに迷惑をかけず、自分のなかだけで完結する「ドジ」が愛されるポイントかもしれません。

仕事は完璧、でも苦手なことがある

なんでも完璧な女性は、隙がなくて近寄りがたいイメージがあるそうです。

でも、そんな女性に苦手なことがあったら、まさに男性が惚れてしまうちょい抜け!

いつもとのギャップに一瞬で心を奪われそうになることも。

「自分の仕事は完璧で、周りのこともさりげなくフォローしてくれる先輩女性がいて、かっこいいなぁと思うけどなんか緊張しちゃうんです。

でも一緒に外回りをした日、方向音痴なことが発覚。『ごめん、帰り道分かる……?こっちだっけ?』と、困った顔で聞きながら逆方向に行こうとする姿にキュンとしました。それ以来話しかけやすくなって、気になっちゃうんです」(28歳/広告営業)

一般的に、女性に頼られることに大きな喜びを感じる男性は多いので、男性がリードしたくなるようなちょい抜けがモテるポイントかもしれません。

一生懸命だけど詰めが甘い

一生懸命やっているなかに垣間見える、ちょっと抜けているところが男性の心をくすぐるよう。

「男女の仲いいグループで週に一回やっているフットサル。ある女の子がみんなで飲めるようにと大きな水筒にお茶を作ってきてくれたんです。

でも、飲んでみるとただの水。どうやらお茶パックを入れずに沸かして、気付かないまま水筒に入れたそう。一生懸命なのにちょっと詰めが甘いところにやられました」(30歳/大学事務)

頑張りすぎず完璧すぎないところが、同性から見ても親しみやすいですよね。

やりすぎには注意

周りが笑顔になって自然と雰囲気が和むような、ちょい抜けが愛されるポイントのようです。

しかし、男性が好むちょい抜けを演出しようとやりすぎてしまって、わざとらしくなると同性から煙たがられる可能性も。

あくまで自然体で、飾らない姿のなかに見える抜け感が好印象を与えてくれるはずです。

(愛カツ編集部)