プライドを傷つけられることを言われて、嫌だな、と感じたことはあなたにもあると思います。

男女関係なく、誰だってそんな人とは関わりたくありませんよね。

特に男性はプライドが高い傾向にあるので、悪気なく発したちょっとしたひと言によって、実は大きく傷つけてしまうこともあるのです。

そこで今回は、「男性のプライド」をズタズタにしてしまう言葉を紹介します。

気になる男性や、大切な人にうっかり言ってしまわないように、気を付けてくださいね。

禁句です!「男性のプライド」をズタズタにするNG発言

あの人は稼いでいる

誰でも他人と比べられるのは嫌なものです。

特に、男性は他の男性と比べられることをとにかく嫌う傾向にあります。

しかも、比べられたうえに、「自分の方が劣っている」と示されたりしたら、最悪な気分になってしまうことは想像できますよね。

中でも、「仕事」と「収入」についての話は特に気をつけましょう。

「○○くんは稼いでいるらしいよ」とか「○○さんが社長になったんだって」なんて世間話として話したとしても、男性は複雑な気持ちになってしまうかも。

気になる男性の前で他の男性を褒めるような発言をするのは、あまりいい結果を生み出しません。

知らないの?

男性の多くは、女性に頼られたり、色々と教えてあげたいと思っている傾向にあります。

だからこそ、女性から「知らないんですか?」なんて言われると、面目は丸潰れになってしまいます。

誰にでも知らないことがあって当然なので、責めるような言い方はするべきではありません。

逆の立場で、あなたがもし「そんなことも知らないんですか?」なんてキツイ言い方をされたら、見下されているようでとても嫌な気分にもなりますよね。

私がやるから

私がやるから

男性が何かをしていて、うまくそれができなかった場合に、助けてあげようとして「やるから貸して」と言うこともあるでしょう。

でも、意外とこのひと言に男性は傷ついたりしているものなので要注意。

「デキない男」とか「ダメ男」だと思われているような気になり、ヘコんでしまう瞬間なのです。

最もダメなのが、うまくできない男性を見て「もう私がやるから貸してよ!」とイライラ気味に言うこと。

「こうやるのかな?」なんて、男性と一緒にやるという形にすると、男のプライドは傷つけなくて済むかもしれませんね。

それは違うでしょ

いくら気になる男性であっても、「その意見は違うな」とか「そのやり方はおかしいな」と感じることもあるでしょう。

でもそんなときに、「それは違うでしょ」「そうじゃないって」なんて真っ向から否定しまうと、男性は自分自身を否定されていると錯覚してしまう可能性があります。

強い言葉で頭ごなしに否定するのではなく、まずは男性の言い分もちゃんと聞き入れてあげることが大事。

そのうえで、「こういうやり方とかはどう?」と提案するような言い方ができると、変な誤解や軋轢は生まれにくいはずですよ。

相手の気持ちを考えた言葉を

別に悪意があって言った言葉ではなくても、男性を大きく傷つけてしまうこともあるものです。

もし自分が言われたらどんな気持ちになるか、常に気を付けてみましょう。

嫌な気持ちになったり、プライドを傷つけられるような言葉を大切な人に言うべきではありませんよね。

気になる男性、大切な人との良好な関係を続けるためにも、男性のプライドを刺激しないように注意してくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)