なぜか誰からも愛されて、何でも意見が通ってしまう人っていますよね。

傍から見ていると、要領よくてズルい!と思っていても、実際に関わると憎めないと感じる……。そんな経験はありませんか。

もしかすると「天性の人たらし」なのかも。

そこで今回は、星座×血液型別から「人たらしな女性」をランキング形式にてご紹介いたします。

10位から1位の順で発表です。

星座×血液型別・愛されキャラ!人たらしな女性ランキングTOP10

10位…いて座×B型の女性

いて座B型の女性はとにかく楽しく!が持ち味。

他人の失敗にもおおらかな上に、コミュニケーションの場を企画するのも得意かもしれません。

そんな姿にほだされる人も少なくないでしょう。

少しいい加減なところに、あきれられてしまうこともありますが、悪意がないため許されてしまうはず。

9位…おうし座×A型の女性

おうし座A型の女性は、キメ細やかな心配りと人間関係における丁寧な接し方が魅力。

自分では当たり前のことをやっているだけなのに、相手からは「何て可憐で可愛らしい子なんだろう」と思われることも少なくないでしょう。

ただ、自分にファンがついていることには気づかない鈍い部分も。

8位…さそり座×AB型の女性

さそり座AB型の女性は、ミステリアスな魅力を持つタイプかもしれません。

ちょっと不思議で何を考えているかわからない神秘的なムードで、しれっと周囲の心を掴んでしまうのが特徴です。

特に食事やお酒の席など、相手との距離が近くなる場においては、あなたのそういった人たらしな魅力がより一層際立つはず。

7位…かに座×AB型の女性

かに座AB型の女性は非常に心の優しい性格だと言えます。

でも、お節介を焼いたり人の世話をするのは、何だか押しつけがましいと感じるところが。

そのため、博愛の精神をあまり周囲に見せることは無いかもしれません。

そんなあなたの心の清らかさを、分かっている人は分かってくれているはずです。

6位…てんびん座×B型の女性

てんびん座B型の女性は、誰からも愛されるフレンドリーなタイプ。

性格のクセも少なく、素直で人付き合いもいいため、距離感が近く交渉にも優れるでしょう。

そんなあなたの周りには、きっと「友達」がたくさん。

だけどちょっぴり調子が良くて八方美人だと思われる場合も。

しかし、それを補って余りある人懐こさがあるでしょう。

5位…やぎ座×B型の女性

やぎ座B型の女性は正直なところお世辞にもあまり要領がいいとは言えません。

しかし、コツコツとひとつのことに取り組む忍耐強さを持っています。

初めは周りからも「不器用な人だなぁ」と思われるかもしれません。

しかし、その一生懸命な姿勢に心打たれるようになり、だんだんと応援者が増えてくるはず。

4位…ふたご座×B型の女性

ふたご座B型の女性は、自然体でいるだけで周囲の目をひいてしまいやすい「お得」なタイプだと言えます。

でも、興味や関心事がコロコロ変わりやすいので、あなたに好意を寄せている人たちの気持ちになかなか気づかないかも。

でも、そんな感性豊かな性格はかなり中毒性があり、人の心を掴んで離さないでしょう。

3位…おとめ座×O型の女性

おとめ座O型の女性は人のためなら、自分が犠牲になってでも尽くそうとする博愛精神の持ち主だと言えます。

困っている人や可哀想な状況を見ると、放っておけないでしょう。

あなたの善意は多くの人を照らすので、多少の事ではあなたのピュアなイメージは覆らないでしょう。

2位…しし座×B型の女性

しし座B型の女性は周囲に対して非常におおらかな性格でしょう。

しかも、目下に対してはうまくやれるようになるまで見守れる寛容さも持っています。

後輩からすれば、まさに理想の存在かもしれません。

ややワガママなところもありますが、無意識に人の心のツボを突いてしまうため、人望が増していくはず。

1位…おひつじ座×B型の女性

おひつじ座B型の女性は、堂々と自分の魅力をアピールできる傾向があります。

はじめは友達のように挨拶をする仲だったのに、まるで妹のような可愛い存在となり、いつの間にか人として意識させ惚れさせる……。

その原因は、あなたの純粋さにあります。

アクの強そうな性格の中にあるピュアさが、何でも許される要因です。

おわりに

「人たらし」な性格とは、相手に対するずる賢さや悪意、その他ネガティブな考えがないところから生じる感性だと言えます。

つまり、純粋で邪気がない、まるで子供のようなピュアさがその要因。

行動のスタート地点が綺麗だからこそ、憎めなかったり愛されたりするということなのです。

でも、無邪気だからこそある意味タチが悪いとも取れるかもしれないので、やりすぎには注意です……。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)