復縁のチャンス

浮気した男性のなかには、浮気願望はまったくなかったのに彼女の言動が原因で浮気に走ったという男性も少なくありません。

そこで今回は、彼氏を「浮気に走らせる」行動を4つご紹介します。

無意識にしていないかチェックしてみてください!

気を付けて!彼氏を「浮気に走らせる」あなたの行動4つ

1.「浮気してもいい」と言う

物わかりのいい女性を演じようと軽い気持ちでしたこの発言が、あとでとんでもない泥沼を招くことになったなんて話もよく聞きます。

「浮気してもいいよ」や「浮気できるくらいのいい男になりなさいよ」と言った発言は、女性からするとけん制の意味も込めているかもしれませんが、男性は単純な生き物。

「彼女の愛情はそんなものか」「浮気したほうがかっこいいと思われるのか?」と浮気に対して肯定的な彼女だと思い込み、浮気の引き金になる可能性が。

男性は単純だけど、プライドが高い傾向があります。

安易に傷つけることのないように接しましょう。

2.彼を放置する

忙しくなると彼氏が二の次になる女性は多くいます。

浮気をされて嫌な気持ちになるのなら、浮気をさせないためにも、彼のことも大切にしていかなくてはいけません。

すべてを平等にというのは無理かもしれませんが、きちんと愛情や感謝を伝えていかないと、彼は「自分はもういらないのかもしれない」と自信をなくしてしまうかも。

結果自分を頼ってくれる女性と浮気してしまう……なんてこともありえるのです。

3.ほかの男性と比べる

3.ほかの男性と比べる

「○○ちゃんの彼氏って高級フレンチに連れて行ってくれるんだって、うらやましい」
「○○さんって大人でスマートで仕事してても頼りになってすてきな上司なの」

男性が1番嫌うのはほかの男性と比較されること。

自分が上なら優越感ですが、そうでなければ完全にバカにされていると受け取ってしまいます。

自分をバカにするような女性と付き合っていても、楽しくなんてありませんよね。

今まで一途だった男性も、自分を立ててくれる可愛らしい女性に夢中になってしまうかもしれません。

うっかり発言してしまったときは即座に「でも、あなたのほうがステキ」と彼のいいところをあげて褒めてあげましょう。

4.夜がマンネリ

長く付き合っていると夜の営みの回数が減ってしまったり、いつも同じシチュエーション、同じ順番でと、なんとなく義務化していませんか?

女性は精神的な結びつきを確かめるために身体を求めることが多いですが、男性は肉体的な結びつきで精神の結びつきを確かめる人が多いもの。

そのため「夜の営みの回数が減った=愛が冷めた」と勘違いしてしまう男性も多いのです。

夜の時間を見直してみましょう。

傷つかないために

浮気をしたほうが悪いというのは当然ではありますが、彼に浮気させない努力をしておくことで万が一の可能性を減らせます。

浮気されてあなたが傷つかないために、いろいろ見直してみるのもいいかもしれません。

(愛カツ編集部)