「ごめん、好きだけど付き合えない」と男性から言われたことはありませんか。

好きなのに付き合えないって、女性からすると意味がよく分からないでしょう。「好きなら付き合えばいいのに……」というのが、女性の本音かもしれません。

では実際にこのとき、男性は何を考えているのでしょうか。

今回は、「好きだけど、この子と付き合えない」と考えている男性の本音、を紹介します。

「好きだけど、この子と付き合えない」と考えている男性の本音

ほかの女性も見てみたい

「好きだけど、もっといい女性と出会えるならそっちにいきたい」「好きだけど、昔の彼女が忘れられない」という本音を持っている男性がいるかもしれません。

交際するということは、「あなたが恋人」と決めること。ですのでほかに素敵な女性が現れても忘れられない女性から連絡が来ても、「オレいま、恋人いないよ」とデートに誘う機会も持てなくなります。

恋人がいるのに「いない」と言うような、不誠実な人間になりたくないのです。

だから嘘をつく必要がない「付き合わない」という選択をするのでしょう。

まだ交際の責任を負いたくない

お付き合いをするとなると「LINEを返してあげなくちゃ」「週末はデートをしてあげなくちゃ」と、彼女との関わりを義務のように感じる男性もいます。

息苦しく感じたくないから付き合えないというのが本音、という男性もいるのですね。

とくに女性が適齢期の場合は「結婚が背後にチラついて、付き合ったらそのまま結婚に持ち込まれそうで怖い」と結婚の責任から逃げたい男性もいるでしょう。

時間・距離的に会えないから躊躇っている

時間・距離的に会えないからためらっている

たとえばふたりが遠距離だったり勤務時間が真逆だったり、さらにふたりとも激務だったりする場合。

「いくら好きでも全然会えないなら、付き合う意味ない」「会えないなら、つづけられる自信がない」と感じる男性も少なくないでしょう。

とくに遠距離の場合は、会うための移動費や移動時間もかかるため、交際に躊躇するようです。

この場合、男性は女性のことを嫌っているわけではありません。

付き合う上での不安を取り除いてあげることができれば、交際を始めることができるでしょう。

正式な交際にも進展できる

「好き」という言葉をくれても「付き合おう」と言ってくれない男性。

そんな彼の本音を知り、彼がネックに感じていることを消す提案や行動をすることで、正式な交際に進展できる可能性もあるでしょう。

(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)